Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 休んでいいよ

先週の半ば、部長に話があると呼ばれて行くと、他部署から近々1人異動になってくるという。
こんな中途半端な時期に、こんな急に。

それは、Nさん♂だった。姐とほぼ同級生という年齢。
Nさんは去年入ってきた中途社員で、マーケティング部にマネージャー候補として配属。
そして、マネージャーになった。

ところが、今年に入ってから位だろうか、休みがちになり、姐もいくつかの製品でコラボッて仕事をしているのだけど、体調不良な時が多く、気になってはいた。
やがて3ヶ月ほどの長期休暇ということとなり、彼が心の病を患っていることを知った。
“このまま辞めないで欲しいな・・・”と思っていたら・・・・無事、復帰。

それでも最近また、週に1~2日ほどお休みをしたり午後からだったりが続いていて、打合せではNさんがスケジュールされていても不在な事が多く、マーケティング部ではその事には触れる人もなく、仕事は淡々と進められていた。
彼は6月の異動時にリーダーに降格になっていた。


彼の苦しさもさることながら、休みがちな彼の仕事をバックアップする側にも色々と問題が出てき始めてきたようで、マーケティング部では抱えられない・・・という結論が出され、人事に相談がいき、そして(一応人事部門も同じ姐の部署の一部なので)、我ら業務部に異動ということになったようだ。

部長曰く、彼には“休んでも平気な、彼が一人で出来る仕事”をしばらくはさせると言う。


月曜日、姐は例のJ-SOXがらみの研修で終日不在にしていたのだが、その間に彼は姐達と同じ島の机に移動してきたらしい。そして、昨日はお休みだった。
今朝、彼が姐のところに挨拶にきてくれて、「よろしくお願いします」と笑顔で言った。
「ギャルが多いからちょっと女子高並みにうるさい時もあるかもだけど、まぁ、のんびりやっていって」と言うと、「いいですね~。おっさんは黙って聞いてますよ(笑)」なんて冗談を言って席に戻っていった。


打合せでも時々、お薬のせいか、病のせいか、辛そうにしていたことがあった。
この島の一番はじに座る彼が、少しでも笑顔を見せてくれればと思う。
そして、ギャルを率いるおっさんとして彼の本来の仕事ぶりを発揮できるようになってくれればと思う。彼の本来の仕事ぶりは、入社当時で姐は知っている。
彼が元気になったら、マーケティング部には戻さないわ、と思う。
ここで一緒にやっていきましょう。


彼のPCのスクリーンセーバーには「もう休まない」と書いてある。
いつか、「いいよ、休んで」と言ってあげたい。
スポンサーサイト

■ 怖い姐

もう、姐は決めた。
随分と前から、困った社員を抱えていた。
T美。

これ以上あの♀を部内にのさばらせておくことは、この姐が許さない。

いつまでも優しい顔して甘やかせていると思ったら大間違い。
あの♀のために、あーでもないこーでもないと悩み、“マネージャーとして失格か・・・”と思い悩むのはもう辞めた。
姐が怒ったらどんなに怖いか思い知らせてやる。
あんたと私の立場の違いを徹底的に思い知らせてやる。
思い上がるなよ・・・いい加減にしろ・・・ふんっ

姐にだって、小さいながらもプライドがある。
姐が一生懸命作ってきたこの部署を、あんな♀1人に壊されるのは絶対にいやだ。
このままじゃ危ない。姐が守る。


こんなに誰かを許さない、と思ったのは何年ぶりだろう。

誰かを許さない、いつも怒っているっていうのは、人の心を荒ませる・・・
あんまりいいことじゃない、わかってる。
だからこそ、この1年、彼女のことでは胃が痛くなるくらい悩んだし、何度も話をした。

もう限界だ。
このままじゃあの♀に、この姐が潰される。


先週末、T美は爆弾を落とした。
それが最終的には姐の心を決めた。もう、捨て置けないと。
姐はその爆弾を、あえて部長に見えるように、“仕組んだ”。
そして、案の定、部長から「この件は自分が引き取る」とメールが来て、昨日、T美に個別で話をした。
どんな話をしたかは、部長が言うまで聞くつもりはない。
T美はその昨日から、若干、落ち込んでいるようだけど、もう騙されない。

部長は姐に「○○さんは今までどおり仕事上の指示、指導を続けてください」と言い、それを実行するまでだ。
必要なことだけを口頭で、メールで指示する。雑談は一切しない。笑顔も見せない。
今までどおりではないけれど、“所詮、仕事は仕事”と思えば責められる筋合いもない。
そして、その“所詮、仕事は仕事”じゃない部分が、どんなに大切だったか思い知ればいい。


こういう結果になってしまったのは、本当に残念に思う。
だけど、人と人との関係は、お互いが意識して作り上げていくものだ。
相手にその気がないものを、いつまでも構っていられない。
姐にはもっと大切な人間関係が、守っていきたい人間関係が、回りに沢山ある。

こうふっきれた事は、間違いなく姐をすっきりさせた。
これから一番忙しい決算期を迎える。もう、迷わない。

■ 仕事との距離って・・・

あれは10年以上前。
前の職場にいた頃のこと。姐は社会人になって2,3年目の頃だったと思う。
ドイツにある子会社の社長(日本人)に何だか仕事のことでものすごく怒られ、電話をとおして上手く説明することもできず、悔しい思いをかみしめながら、女子トイレで泣いた。
そして、「仕事で涙を流すこと」の無意味さ・・・「泣いたからってどうにもならない事がある=それが仕事・会社・社会」ということを実感し、二度と仕事で泣かない、と決めた。当時、恋や遊びや・・・を満喫したい年頃なのに、仕事にものすごく打ち込んでいた時期で、ひとりよがりな“こんなに頑張ってるのに、あたしっ!”っていう状態だったなぁと思う。そんなひとりよがりっぷりに気づき、あれ以来、上手に仕事と距離を取ることを覚え、そして職場で二度と泣いたことはない。
そして、職場で泣いてる若い♀に相談されると、「♀として、涙は大事な人や自分のためにとっておきなさい。仕事で流す涙なんてもったいない。」と、感情移入しやすい♀に仕事との距離を諭す。
(とか言って、あまりにも疲れ果て、家で訳もなく“ぅえーん”なんてのはあるのだけど 笑)


11月7日、この姐ログで部長に吐いた暴言のことを書いた。
あの日以降、部長と“美味しいお酒”を飲む機会を2度ほど作ったのだけど、仕事の都合や体調不良だったり・・・・で、結局流れていた。姐はもちろん、あの時の「ちゃんと謝りたい」という思いを抱えたままでいた。


その後、今日までに部長と1対1で話す機会はあったのだけど、何となく“飲みながらゆっくり・・・”なんて、上手く伝えられるか自信のなかった姐は、お酒の力を頼りたい思いもあって(情けなし。)、例の話は持ち出さずにいた。



そして今日、冬のボーナスのフィードバックがあり、部長と1対1で話す機会があった。このままだと年を越してしまうなぁ・・・という思いもあり、何となく話せる雰囲気だったら、やっぱり今日、謝るだけはきちんと謝っておこう、と思っていた。


そして部長のフィードバック。
姐の通常業務の評価結果に加えて、あの修正を強いられた案件に対する加点評価が取締役会満場一致で認められた、と報告をうけた。ものすごく・・・驚いた。
部長は、とても嬉しそうに、そして申し訳なさそうに、「あれは本当によくやってくれた」と言った。結果はともかく、完璧な采配だった、と。


他のことを話した最後に、姐は部長に「長くなって申し訳ないですが、1つ話があります」と言い、そして、

「今回の評価、ありがとうございました。あの案件のことなんですけど、○○さん(部長)に“誰のせいで?”みたいな事言ってしまって、すごく・・・あの・・・・全然そんなつもりじゃなくて・・・申し訳なかったと・・・。メールいただいたのに上手く伝わら・・・返事もせず・・・。私だけじゃなくて、修正の決断・・・。あの・・・ごめんなさいって・・・」


びぇ~ん(T_T)・・・・である^^ゞ


驚いたのは部長。

「ん?どうしたの??あ、あぁ、あの事。大丈夫、ちゃんとわかってるから^^ そう思っても当たり前だよ。そして○○さん(姐)ももちろんわかってると思って書いたことだからね^^」


姐は少し落ち着いてちゃんと話をし、謝った。
部長は始終にこやかに・・・照れくさそうに聞いてくれていた。


自分で話ながら気づいたことがある。

この何年か、マネージャーという役職について以来、人のこと、仕事全体のマネージメントのこと、そんな事ばかりに頭を悩ませ、気を使い、「私がしたいことはこれなの??」とどこかで疑問を抱えながら仕事をしていた。久しぶりの純粋な仕事・・・現場の仕事・・・海外から物を調達し完璧に納品するという業務の醍醐味を感じられる仕事を、姐はなんだかんだ言って、ものすごく楽しんでいたんだと思う。その分、個人的な思い入れ、もあったのかもしれない。

最後には部長と、

「またあぁいう仕事がしたいですね。営業にひっくり返るほど大きな案件取ってきて欲しいですね^^」

「ちゃんと売上があがるやつだね(笑)」

なんて話しながら面接を終えた。



仕事で泣いたのは2度目。
今回もまた、自分の小ささに対して、抗えない会社の決定に対して、の悔し涙だったかもしれないけど、あの時の涙にくらべるとずっと温かい涙だった。そして、“仕事との距離って、自分、いったいどうなの?”と思わず笑ってしまう。
実際に泣くのはどうかと思うけど、“泣ける位の仕事”ってもしかしたら、貴重なのかもなぁ・・・。


年が明けたら、部長と、今度は泣かずに美味しいお酒を飲みたいと思う♪(まだ、部長とサシは諦めない 笑)
そして、「泣ける位の仕事」談義をしてみたい^^

■ 口をついて出た言葉は・・・

先週のことだ。

半期決算でものすごく大変な思いをしてやっつけた案件が監査的に認められず修正する方向になるということがあった。

大きな話なのであまり詳細は書けないが、お客様合意、且つ、会社からトップダウンな形でそれを達成させること・・・がその時の使命だった。
運悪く、仕事上でも色ん~なことが重なり、また、姐自身も十二指腸潰瘍を患って辛い時期だった。それでも、部下含め皆、文句ひとつ言わず無事やってのけたあの案件。


監査が入っている時から、それに注目がいっていて全ての書類を提出させられ、色々な質問を受けた。それでも、姐は、間違っていると思ってなかったし、細かい部分も確認をしながら進めてきたその処理に自信をもっていた。姐が“間違っていない”と思っていたのは、姐自身の判断でもあるし、姐に指示をくだす部長なり会社なりの判断を信じていた、ということでもある。



そして、先週のある日、部長が言った。

「あの案件、やっぱり修正させられるんだって」

姐は知っていた。
姐以上に、部長は監査法人に色々説明し、頑張って説得し続けぐったりしていたことを。でも最終的には経営企画本部という別の財務を預かる部署が、監査法人と決断をくだす。

部長だって、くやしかったと思う。
だけど・・・その“xxxなんだって”という他人事な物言いにカチンときてしまった。姐以上に大変な思いをして頑張ってくれた部下の前で、その言い方は何?と思ってしまった。

そして、口をついて出た言葉・・・。



「誰の判断が間違っていたんですか?」



・・・言うべきじゃなかった、と思う。
会社では、仕事では、そんなことはよくあること。仮に誰かの判断が間違っていたとしても、その“誰か”を突き詰めて、そして責めたところでナンになる?と思ってる。

ただ、ものすごく寂しかった。
そして、素直に「そんな他人事みたいに、寂しいこと言わないで下さい」って言えなかった代わりに出た言葉は・・・まるで犯人探しだった。
言った姐も後味がものすごく悪くなる言葉だった。


部長はその時、なんて言ったんだろう。覚えていない。
ただ、なんとなくはぐらかすような・・・“ちょっと耳に入れておくね”程度なテンションで姐のところに来て、姐が珍しく食ってかかるような対応をしたので、うやむやな感じで席に戻られたんだろうと思う。
姐は、姐の席の周りの空気が少しだけ凍りついたことには・・・気づいていた。


その日の夜、部長から一通のメールが届いた。
そこには「誰も判断は間違っていなかったと思っている」ということ、それと共に「社員の努力を一部でも無にするようなことになったことは事実」「判断のあまさがあったという点については反省し、今後の対応に真摯に反映させたい」という旨のことが書いてあった。


胸が痛い。
全部、全部、わかっていることだ。
部長がそう思ってくれていることも、わかっていたこと・・・

姐は部長を傷つけたと思う。
人の心の痛い部分にわざわざ爪を立てるようなことをしてしまった。


あれからも今までとなんら変わらずにお互い仕事をしている。
まるで何もなかったかのように。

だけど、姐は、今も尚、メールの返事を書けずにいる。
(小さいなぁ・・・姐。)

部長はすぐにメールを書いてくれた。
部長があの時、感情としてどう思ったかはわからない。だけど、姐に自分の立場として言うべきこと、そして姐の気持ちを慮ってのこと、ちゃんと伝えてくれたのに。
(さすがだなぁ・・・部長。)


もう少ししたら、部長を飲みに誘おうと思う。
文章じゃなくて、ちゃんと言葉で伝えようと思う。今度こそ、素直に。
「言いすぎました、ごめんなさい」って。

単純な案件取り消しの悔しさと、自分の小ささと、部長の優しさと・・・何だか色んな感情がごちゃまぜになって、今はうまく話せそうにない。泣きそう(更に小っちゃ!!)。

仕事では絶対に涙を見せない、と決めている姐。
落ち着いたら、部長を飲みに誘おうと思う。


仕事では、いつでもクールでシビアに・・・と思っているし、実際キッツい事も言う姐だけど、今回ばかりは仕事人である前に、人として反省しきりな姐です・・・・。

■ 十人十色とはよく言ったもの・・・

いろんな事が重なった結果、先々週から新しい派遣スタッフが2人来ている。
その派遣スタッフに引き継ぐスタッフ1人は8月いっぱいで終了、そしてもう1人が昨日で終了となった。つまり、今日から新しいスタッフ2人で本番に突入という状況。

2人とも姐が面接の時に「ぴぴぴ!」ときただけあって(自画自賛 笑)、よく出来る。

スタッフの入替えがある・・・ということは、スタッフの“辞める”という話を聞き受け入れ、そして引継ぎの様子を見、新しいスタッフの“面接”をして判断をし、迎え入れること。

スタッフの入替えって書くと一見たいしたことなさそうに見えるけど、その間には部長、既存スタッフ含め、いろんな人の話を聞き、自分の思いを伝え様々な人間模様が描かれる。

この何週間か、そんなことに翻弄され何だか余裕がなく、疲れていた。
これがこと書類一枚の仕事だったら“あたし、疲れてるからテキトーに”で済み後から取り返しがつくかもだけど(なんて事もあっちゃいけないけど^^ゞ)、これが『ひと』のことだから気が抜けない。

そんな怒涛の何週間かも日にち的にはひと段落(であって欲しい 笑)。
入れ替わったパズルの駒は揃い、それを上手に組み合わせていく段階にいる。


さて、この新しく入った2人、仕事の覚え方が見事に違う。



M子は

「自分がやってる仕事は全体のどの部分なのか」
「なぜ、これをするのか」

がわからないと進めない。ちょっと詰め込み気味だった引継ぎの途中、先週の金曜日、「自分の中で点が線にならないことが不安だ」と相談され、彼女はホロリと涙した。
2時間ほど話をし、再度、レクチャーをし、彼女のモヤモヤを取り除いた。
「ようやくやっていることの意味がわかりました!」と言って、マニュアルを見ながら確実にこなしていく。


一方、M代は

「理由はともあれやってみる」
「やってみてから“そういう事なのね~”と納得できればいい」

タイプ。「なーんとなくしか理解できてないんですけど、とりあえず、これをやってみればいいんですよね!!」と言って仕事をする。ちょっと危なっかしいので、最初は“必ず見せるように”という前提で、好きなようにやらせてみる。「ここはこうだよ」と言うたびに「なるほど!」と納得して吸収していく。



会社にとって重要なプロダクトの担当が、結果的に総入れ替えとなり姐も久しぶりに現場仕事をやっているのだけど、そんな時期もあとわずかだろう。
2人を見ていると、それぞれがどんな風に成長してくれるのか楽しみに思える。

派遣スタッフの引継ぎが終わった後は、この2人を生かすも殺すも姐次第。
2人が働きやすく、そして2人を迎え入れた既存スタッフが今までどおり気分よく働ける職場環境を維持できるよう1人1人に目を配っていきたい。



この2人の進捗状況を部長に報告すると、部長からこんな返信をいただいた。
この2人とは別に、今1人、困った部下を抱えている。

===
<前略>
日々の業務に関する指導については、これまでどおり細かく、いたらないところは、びしびしかつ率直に話をしてください。 私たち指導者の責務は、優れた人材をより高みに引き上げてあげることも重要ですが、これはできて当然なのです。より重要なことは、マイナスの人材をまずはゼロまでもっていくこと、さらにはプラスに転じる人材に育ててゆくことです。 言うは簡単ですが、大変難しいことです。
===

部長が姐に期待していること、教えようとしていることが伝わってくる。
姐は、その困った部下に四苦八苦しているのだけど、部長が姐も部下の一人として目を配ってくださっているのがわかる。
ありがたいことだな、と思う。



先日、取引先の方から接待され、お礼のメールを書くと、その返信にこんな言葉を頂いた。

===
<前略>
最善の努力で取り組んでいますが、打ち合わせでもお話をしたとおり、最後は『ひと』です。時に、ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、時間を惜しまずに対策して参ります。忌憚のない、ご意見を下さい。目の行き届かないときもあるかもしれませんので、目に余るときには、直接、ご連絡下さい。
===

IT業界という、ともすれば「答えは1か0か」「話すよりメール」、な文化の中にいるとその答えを出しているのはコンピュータでもネットワークでもなく、実は『ひと』なんだということを忘れてる人達と接することが多い。そんな中で、これから新規ビジネスを始めていく取引先の部長さんのこの言葉は、とても新鮮で素直に嬉しかった。
確かにその方は、人を動かす魅力を持っている人だった。



色々な人間関係に悩み、ぶつかり、時には何もかもが面倒になって“一人にさせてーっ!!”と思う事もあるけれど、それでも姐は『ひと』が好きだと改めて感じた。

いろんな人との出会いを楽しめる余裕が、少しだけ出てきた証拠なのかもしれない。
焦らずにいこう。

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。