Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ After Christmas Day...

ずっと前から“飲みに行きましょ~よぉ~”と口ばかりの会社の後輩♂と初めて飲みに行ったのは11月中旬だっただろうか。♂とは言え、新卒2年生?3年生?最初に飲みに行ったとき、ここは姐が奢らないわけにはいかないとスパッと出したことを覚えている(笑)
銀座で待ち合わせをし、少し遅れてきたその♂を、カフェでビールを飲みながら待っていた姐を見て“格好いいっすね~”と言っていたっけ。

それから何度かその♂と飲みに行き、姐の中の“飲み友達”としてそろそろ数えてやってもいいか~・・・という頃。



その♂は、たかが知れてる金額だろうに年末調整が戻ってきたからと姐にご馳走すると言い、銀座の炭火焼のお店で、後輩♂が知った口を聞く“芋焼酎”を飲んだ。
内心“芋ねぇ・・・”と普段は自分からすすんで飲まない姐だけど、その日の芋は今までで一番美味しかったと、今でも思う。
賑やかな店内にほの暗い証明。目の前には明らかに姐と飲んでるそのこと自体を喜んでくれている♂。
何度も何度も“ほんと、一度、ご馳走したかったんですよ~”と言い、“○○さんと飲んでると楽しいな~”を連発する彼は、少しだけまぶしかった。


その日はすごく寒い日だった。
寒い・・・底冷えのする夜だった。

銀座の交差点。
いつものとおり“良く飲んだねぇ~!!!”と笑いながら歩いていたはずが・・・・


姐は抱きしめられていた。


銀座の交差点を渡りきったところのビルの足元で、ほぼ一回りも年下の♂に、だ。
何が起こったのか一瞬わからないくらいの驚き。そして、彼の心臓のドキドキ。
姐も・・・ドキドキしていた。


だんだんとぼやけてきているその思い出の中で、今もはっきりと覚えているその景色。

出来すぎているけど・・・・嘘じゃない。

雪が降ってきた。
姐がその♂の肩越しに見上げていた街灯が、降り始めた雪を照らしていた。ものすごく、綺麗だった。突然起こったその出来事の中で、姐は街灯に照らされた雪を見ながら、その♂の腕の中でただ“綺麗・・・”と思っていた。


雪はもしかしたらとっくに降っていたのかも。
気持ちよく酔った人達が、急に降り始めた雪に声をあげながら姐達を振り向くことなく通り過ぎていった。
そんな雑踏は遠くの出来事で、姐を包んでいたのは彼の体温と街灯に照らされた雪だった。

その♂は姐を“好きだ”と言ってくれ、そして、“だけどこわい・・・”と言った。
姐はただ聞くことしか出来ず、そして、別れた。
スーツにマフラーだけの彼の肩に少しだけ雪が積もっていた。


何年も前のクリスマスの翌日の出来事。

その♂はそんなクリスマス明けの翌年・・・・その年の営業成績トップという実績を残し、3月いっぱいで会社を辞めた。
姐に相談はなかった。



彼の中では“若気の至り”な思い出・・・かな(笑)
姐の中では今でも、ちょっとだけ眩しい思い出。

メリー☆クリスマス!!!^^


#まるでオッサンじゃないの~っ?!とかのツッコミはなしで(笑)
スポンサーサイト

■ Was it love?  Well, I don't think so...

5月のとある日、↓こんな記事をつらつらとキーボードに任せて書いた。
だけど何となく、書いたことで満足し、Upするのを躊躇っていたまますっかり忘れて、月日が過ぎていた。

そしてさっき気づいた、今日はこの記事に登場する♂の誕生日だったと。

姐は自分で、誕生日を思い出したのにすらびっくり。
きっとこの記事を書いたキオクが潜在意識の中にちょっとだけあったのかも!?

ということで、前置きはこれくらいで。
久々の恋愛話です♪


===5月9日下書き

何とな~く急に思い出した話。
何でこんな昔のことを思い出したのか全くわからないのだけど・・・
昨日、通勤途中会社に向かう道の途中で「そう言えばアレって何だったんだろう」と“また”思い出した。

正確には、いつも突然思い出すのだけど・・・1年に1回か1.5年に1回かの周期で思い出す。
この話は、お酒が入って恋愛話で盛り上がったりすると、姐にとって“差し障りの無いネタ”として自ら披露することもあるのだけど。
普段の生活の中で、時々・・・思い出す。

このブログに書こうかな~と思わなかったのだから、少なくても前回思い出したのは2005.6以前なのだろう。



四捨五入したらまだ二十歳という年齢の頃、ちょうど十歳年上の♂と付き合っていたことがある。
その人は、当時働いていた姐の会社の取引先の担当営業の・・・同僚(同期だったかな?)。

当時、接待されるという立場だった姐。
取引先の担当営業♂が、同僚のお酒好き♂を連れて来るので飲みましょう!という事で、予定を立てた。
ところが、当日、その担当営業♂が何だか急なトラブルで来られなくなり、初対面のその同僚♂とどうしたもんか、と思いつつお酒は姐達2人を程よく取り持ってくれた。

結局、その時の接待リベンジで担当営業♂と3人で飲んだのはずっと後で、その日以降、同僚の♂と2人で何度か会うようになり、きっと最初からそうなるとお互いがわかっていたような流れで、気づいたら付き合っていた。

その人は妻子持ちだった。
奥さんと子供♂が1人と可愛い犬、彼は養子に入っていて一戸建てにお住まい。それは、最初に会った時の“他愛のない自己紹介”で知っていた。


えっと。

・・・・こういう恋愛には、賛否両論あるんだろうと思う。
もう時効の、昔話・・・ということで、続けようと思う。



その恋愛は、結局2年位続いて、姐の恋愛史(なんてものがあるのか?)ではものすごく少ない“自然消滅”という形で終わった。
もし“潮時”というのが存在するなら、まさにそれを感じていて、連絡が来なくなることを自然な形で受け入れていた姐。そんな終わりだった。


妻子持ちと付き合うには、当然ながら、姐には姐なりのルールがあった。
相手の家庭には興味がなく相手もそれを言う事はなかった。
相手の家庭の問題はその人の問題であって、姐の問題じゃない。
「待つ?何を?とんでもない!!」というタイプで、「クリスマスなのに1人・・・・」と言って泣くタイプでも無かった。
まぁ、良くも悪くもあっけらかんとしていたな、あの頃。
妻子持ちと付き合う事は、自分の中で整理とけじめさえついて、両者合意ならいいでしょ?という感じ。

あの頃姐は、姐的恋愛史(笑)の中での大失恋をした後で、姐は立っているのに誰か必要だったんだ、♀として。女としての自信を喪失しかけていた姐は、誰かに「好きだよ」と言われ、抱きしめてもらうことで頑張れていたような気がする。その人がいたから、それなりに強気で、背筋を伸ばして立っていられた。

・・・若かったな(笑)


話を戻そう。


その人とのことを知っていたのはほんの何人かで、公言するほど堂々としていたわけでもない。


で。


そんな自然消滅で終わったのだけど、それから1年位経ったある日、その人と姐を計らずともくっつける事になった担当営業♂の人と一緒だった時のことだ。
もうお互い担当が変わっていて随分疎遠になっていたのだけど、偶然だったか、何か・・・・ともかくしばらくぶりに一緒にいた。
忘れもしない新橋駅、総武本線に座っていた。


ひとしきりお互いの近況なんかを話しながら、ふと、その担当営業の人は、普通に言った。

♂「そうそう、○○も元気ですよ」
姐「あ~、○○さん。懐かしいですね~。相変わらず一緒に飲んだりしてるんですか?」
♂「いや~、最近はヤツも忙しいみたいでね。ほら、子供が3人いるでしょう?」
姐「え・・・あ・・・・そうでしたっけ?えぇ、お子さんいるって言ってましたよね~」


・・・・・ここ、笑うとこです(笑)


子供が3人いたそうな。
野暮だとは思いつつ計算しても、後から産まれた訳じゃない。

一体なんだったんだろう・・・・子供3人を“いない”と言うならまだしも、“1人”っていう嘘。
あの時、何だか笑っちゃった記憶がある。
そして、今でも思い出すと何となく笑っちゃう。
相手を笑ってるのか、自分のことを笑ってるのか・・・・わからないけど。
いや、まぎれもない自嘲だなぁ、うん。


今でも、1年に1回か1.5年に1回かの周期で思い出す。
10年以上も前のことを。

その人のことじゃなくて・・・

「あれって何だったんだろう」

って。
答えは今でもわからない、きっと、本人だけにしか。



あの頃、お互いがお互いを必要としていたことは間違いないけれど、それが恋愛だったかどうかは、微妙だ。その微妙さに、あの頃本当は2人とも既に気づいていたように思う。
そして、その微妙加減に「子供3人だった事件」でトドメをさされ、姐の思い出の中でもその関係は色褪せて・・・そして、萎えていった。
(そういう意味では、「付き合っていた」と言うのも今となっては正しい表現じゃない気がする。)


もしも、また会う事があるなら、堂々と聞いてみたい。
「あれって何だった?^^」って。
一緒にお酒飲みながら、その人の言い訳を聞いてみたい。
きっと2人で笑いあえる自信がある。

その人は結局、離婚し、再婚し、そして子供が産まれたと、風の噂で聞いた。


姐にとっては・・・・ちょっとだけ苦い思い出。
若気の至り、よい勉強しました、という事ですっかり過去になっている。

そしてあの頃も今も・・・「♂ってわからない」と思うことが多々ある・・・恋愛だけは学習しない姐である。

=====

この記事を書いてから4ヶ月か~。
しかし、夏もあっという間に終わったねぇ・・・
いつ、この壁紙を変えようかなー・・・(独り言)

■ 予感的中・・・そして、おめでとう

先週のとある日は、BirthdayCallの記事に書いた♂の誕生日だった。


あの記事を書いてからの約3ヶ月の間、結局、♂からの連絡はなかった。
毎年のことながら、姐の誕生日を過ぎると世の中はクリスマス、会社は年末、そしてお正月・・・と世間も、そして姐の生活も慌しくなることが多く、この3ヶ月もそんなこんなで過ぎていた。

手帳の1月のページになると、「○○誕生日」の文字が書かれてる。
1月の間、手帳を見るごとに目にすることになり、時々は“あ~、連絡ないな~。どーしよっかなー”なんて一瞬思ったりしつつ、悶々と思い悩むようなことでもない。悶々と思い悩まないということが、恋愛感情がそこにはない、っていうことを証明してるように思う。
“どーしよっかなー”と思うたび、“当日の気分で考えよ”と思っていた。


そして、当日。
仕事中にカレンダーを見て、“何か今日あったよな?”と思うと同時に思い出した。

「そうだ、今日だ。どうするか考えなくちゃ。」と。


普通に会社での時間が過ぎ、その夜はコーチングセミナーに出て、帰路に着く。電車の中で・・・・ぶっちゃけ、すっかり忘れてた(笑)
そして、家に帰ると時計は22:30を指していた。また思い出す。

「あと、1時間半かー。さて、どうしようかな」

と思いはするが、ご飯を食べて、今日の“生活”を終えなくちゃ。

・・・落ち着いた時には23:30。


さてと。
ひとりになって思う。

「結局、連絡ないままかぁ。もう忘れちゃってるのかなぁ。」
「それなのにこっちがメールするって、追いかけてるみたいじゃない?」
「もしかして彼女がすごく嫉妬深い人で、メールとかヤバいのかなぁ?」

なんて事をほんの2-3分、考える。

こんな時、姐はたいてい、この質問にいきつく。

「で、どうしたいの?」
「相手はともかく、自分は相手とどういう付き合いをしたいの?」


答えは出てるのだ。
♂と全くの他人になってしまうのは簡単。
今は“いやでも会ってしまう”ような状況には全くないのだし、「この関係を維持していく」というお互いの想いがあって初めて成立する関係(基本的に全ての関係がそうだと思ってるけど)。

♂が「ありがとう」の返事もしてこなかったら、それはまたその時。
今、姐は「おめでとう」の気持ちを伝えたい、そしてこの10年以上続いてるこの関係を維持していきたい、ただ、それだけだ。



誕生日から4日後。

「キレイな○○(姐)へ」というタイトルと共に、
「遅くなってごめん、メール、ありがとう。いや~、想像どおり。
俺も連絡しようと思ったんだけど、ちょうどあの頃バタバタしてて。ごめんな。」
というメッセージが。

そ・し・て・・・


子供の写真が添付されていた(笑)


最初に思ったのは「まったく!もぉ!!」だった(笑)
そして思わず、微笑んだ。ヤツもパパかぁ~・・・(感慨)

確かにフラフラしているように見えるけど、目の前に現れる人生の転機を本当にそれとなく受けいれて、一見“なすがまま”に生きてる彼。
前回会ったのは1年前。そして1年後にはパパ。
まったく♂らしい・・・・。幸せになってね、って心から思う。


実は姐が送ったメールには、
「結婚したのー?いきなりパパ、なんて驚かせないでね♪」
と書いていた。



これで♂とは本当の「ただの友達」になったような気がした。
やっぱり姐は「男と女の友情は成立する」と思う。

■ こ、これって・・・・恋?

今朝、ちょっと訳あっていつもの通勤電車より1本遅いのに乗ることとなってしまった。
通常は乗換え駅で、その駅からの「始発」に乗るようにしているのだけど、今日はしょうがない、それを待つ時間もなく混んでいる電車に乗換えた。


いつものように、MP3で桑田さん(でも今朝はピアノジャズバージョン)を聞きながら、お気に入りの江国香織さんのエッセイを読もうと思った姐。だけど、何となく集中できなくてほんの2駅だけど、地下に入るまでの車窓からの景色をボーッと見ていた。


その時、携帯電話の注意をうながすアナウンスが流れた。

「・・・・・電源をお切りになるか、マナーモードに設定をお願いします」

ピアノジャズが途切れていたか否かはわからない。
ただ、すっと耳に入ってきたその声と、その話し方に


どきっ


とした。何て優しい話し方なんだろう・・・・。


「ただいま停止信号により停車中です。お急ぎのところ、ご迷惑をおかけしております。」

いつも聞く当たり前のそれらの台詞が、まるで“姐に話しかけてるみたい”に聞こえる。
甘い声。セクシーな声。
そういう声じゃない。

ただただ、優しく話しかけるようなその語り口にマイッてしまった。

いつの間にかピアノジャズは終わって、桑田さんに変わってる。
イヤホンを外すのも躊躇われ(誰にだ?)、音量を少しだけこっそり下げる。


「どなた様もお気をつけください」

この“ください”が、いい。
大抵は、(車掌さんごめんなさい)「xxx下さい」と言っているけど、マニュアルどおりに言ってる感がありあり、「xxxしろよなっ」って本当はいいたげな・・・慇懃無礼な感じのアナウンスが多い中、「xxxしないと本当にお客様が危ないですから、どうか気をつけてくださいね」という感じがこもってるのだ。


そして姐の降りる駅が近づき、「もうちょっと聞いてたいな」と思った時、こう言ってくれた。(・・・言ってくれた?)


「次はxxxです。
外は今日も大変寒くなっております。風邪などひかれませぬよう、お気をつけください」


はい、今、皆さんが言いたいことはわかる。

「しゃべり過ぎじゃね?」

姐もいつもはそう思う。「この人、カラオケ行ったらマイク離さないタイプだな」とか(笑)

それがーっ。

本当に、今日の車掌さんは「うん、ありがとう」と言ってしまいそうになるような語り口なの。


会社のあるその駅を降りて遠くにベルを鳴らしている車掌さんが見える。
ちょっと待ってどんな人か確認をしようかと思ったけれど・・・・


妄想は妄想のままのが楽しいこともあるので、止めた(笑)


明日もあの電車に乗りたいな。
だけど、この電車だと会社に間に合わない・・・・ぐすん。


さぁ、意外に恋愛至上主義の姐、どうする?!
ってか、これって・・・・恋?

■ Birthday Call

毎年誕生日には必ず連絡をくれる2つ年下の♂がいる。

その1年に会っていても、いなくても。
それは電話だったり、メールだったり。
かれこれ・・・10年以上それは続いてる。


お互い生活環境が変わって、その彼は日本にいたりいなかったりの時期があったけど、それでも必ず連絡をくれた。そして「いい女になれよ」と言ってくれ、やがて、それは「ずっといい女でいろよ」に変わった。
まぁ、姐がいい女かどうかは別として(^^ゞ)、彼の中で“いい女”と認められていることは素直に嬉しい。
これから先も、「いい女だったのにな・・」とは言われたくないなって思う。


その彼とは、今振り返ると「恋愛」と呼ぶには非常に微妙な関係だったのだけど、若い頃によくありがちな「男女の友情は成り立つか」という話題で盛り上がり、彼は「あり得ない派」で、姐は「あり得る派」だった。
そんな話をしながら、ソレナリの事もあり・・・若い頃は彼の「あり得ない派」が若干、優勢だったと言うべきだろう。

やがて、お互いが30を過ぎてしばらくぶりに会った頃、彼はようやく「男女の友情」を認めることとなった(笑)「ほ~ら、私の勝ち♪わかるのに時間かかりすぎだよぉ~」なんて言ったのを覚えてる。


姐の誕生日は今くらいで、彼の誕生日は年明けだ。
だから、姐の誕生日には「久しぶり。会いたいね~、どうしてる?」なんて話をし、そして、大抵は会わないまま、彼の誕生日がきて「バレンタインだしねー、忙しいでしょぉ?」なんて他愛ない話をし、また月日が流れていった。そのまま会った事もあるし、会わないまま翌年の誕生日に同じ会話をしたことも。お互い「口ばっかりだからなぁ(笑)」なんて言いながら。


最後に彼に会ったのは、今年の1月。
彼には彼女が出来て(何人目だ?)、同棲を始めたと言う。きっとこのまま結婚するだろうと。
ついに彼も「人の旦那かぁ~^^」なんてからかい半分、嬉しさ半分だったな。
彼女の実家に行った話を聞いたりして。この男も家庭に納まるかぁ・・・としみじみ思った。
とても寒い日に、小洒落た焼き鳥屋さんで冷酒を飲みながら、随分と大人になったもんだー、なんて話ったけ。


今年の誕生日、彼からの連絡はなかった。

毎年、待っていた訳じゃないから、そう、誕生日までは「今年も連絡くるな♪」って普通に思っていたから、「あれ~?もしかして、連絡なかった?」と気付いたのはその日も夜遅くなってから。気付いたら、ちょっとだけ寂しくなった。

姐が勝ったと思っていたのは間違いで、彼には「男女の友情はあり得ない」ままなのかもしれないなって思った。
きっと結婚したんだろう。
「おめでとう」くらい言わせてくれたらいいのに。
姐の彼に対する気持ちは全く変わらないよ・・・

だけど、彼には彼の生活がある。
次の彼の誕生日までに何の連絡もなかったら、2人の・・・暗黙のBirthdayCallの約束は終わりだね。
そう思ったら、すごくすごく寂しくなった。


それでも、まだ「悪ぃ~、忘れてた訳じゃないんだよ~。実はさぁ~」って言い訳がましい連絡が来るような気がしてならない姐である・・・

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。