Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 寒い日の月

「今帰りです。あー寒い。ものすごく月が綺麗だよ」

そのメールをカラオケボックスで友達と騒いでいる途中に受け取った姐は、どうしてもその月を見たくて「トイレに行ってくるね・・・」と言って、外に出た。
カラオケボックスのあるビルを出て空を見上げた。
ビルが立ち並ぶ繁華街では、空すらとても小さい。

月、月・・・・どこ、月・・・

その月を一緒に見たかった。
ちょっと離れた角を曲がったところで、ようやく月を見つけた。
寒い冬の空に、輝く月が本当に綺麗だった。

「うん、綺麗だね。夜なのに空が明るい・・・」

「見える?」

「うん。見えるよ。」

吐く息が白くなる中、寒さも忘れて見上げていた。
こんなにちゃんと、ゆっくり、冬の月を見たことなんてなかった。

それから他愛の無いメールを何通かやりとって、姐は「友達が心配するから、戻るね」と送り、部屋に戻った。

===

MISIAの“KISSして抱きしめて”という曲に

「眠れなくなって起き出して たいして興味もないくせに 
よく見るって聞く深夜番組つけると あなたがいるような気になって」

という歌詞がある。
TV画面を見ながら、その向こうにいる彼と一緒にいる気がして・・・・
「あ、きっと今笑ってる」なんて一人思う。
姐はこの歌詞を最初に聞いた時、「そう感じるのって、私だけじゃないんだ」って思った。

===

いつも一緒にいなくても、離れていても、特別な時間を少しだけ共有したい。
ほんの5分でも1分でもいいから。
一緒にいることだけが全てじゃない気がする。
どれだけ何かに対してその時間や思いを共有できるか・・・じゃないかと。


あれから姐は、どこにいても月を探し、見上げる癖がついている。
スポンサーサイト

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。