Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 寂しかったり・・・嬉しかったり・・・

去年、記事に書いた彼女が、今日付けで退職した。
結局姐はあの後、年末の休みに入る前に彼女をランチに誘い、話を聞いたのだけど・・・彼女はランチの途中、他愛ない話をして笑っている最中に、突然泣き出した。
「○○さんともっと一緒に仕事がしたかったです。寂しいです・・・」と言って。そして、自分の無念さを話はじめた。

何日か前に退職希望を上司に提出したところだった。

姐は話を聞くしかなかった。
まだ30そこそこの彼女の話の中には、「そりゃーそうだ!そりゃー上司のxxが悪いね」と思うところもあり、反面、「それは組織である以上、難しいよ、その考えは若干甘いな・・」と正直思わせる節も無くもなかった。

けれど、“自分は必要とされてない”と刷り込まれている心を変えることはその短時間では難しく、もちろん既に機を逸していることもあり、姐は、“これからの彼女の未来にそんな風に思うことが二度と来ないで欲しい”と祈るしかない。


今日彼女は、全社に送る退職の挨拶メール1つで、直接、姐に挨拶に来ることなく会社を出て行ったようだ。
こんな時、ものすごい無力感に包まれる・・・。


===


この2月半ばで1人、姐の部署のスタッフが退職するので、交代のスタッフを先週、採用した。そして、その彼女が昨日から出社している。

派遣スタッフと言えども、採用に妥協はしない姐なので、今回も長期戦の覚悟はしていた。この中途半端な時期の採用は、実際、人材的にも難しい。
だけど!!先週面接した彼女は、姐の上司、姐共々、一発で◎。
一見おとなしい風に見えるけれど、芯が強く、自分の意志を伝えられるタイプ。
自分の弱点について冷静に理解していて、それを面接で自己弁護することなくきちんと相手に正直に伝えられる人・・というのは、姐にとって重要なポイントだ。

面接で印象的だったのは、「年下のスタッフと一緒に仕事をすることになるけど、どぉ?」という質問に対し、「社会では仕事が出来る人、長く働いている人が先輩ですので気になりません」ときっぱりと言ったこと。実際に気になるかどうかは本人のみぞ知る、だけど、その意識があれば大丈夫だ。
そして、「自分の良いところはどこだと思う?」という質問に対して、すごくすごく悩んだ挙句「・・・結局、前向きなところだと思います」と言い、とてもよい笑顔を見せてくれた。この“前向き”っていうのも微妙な表現ではあるけれど、姐は嫌いじゃない。

その彼女に昨日午後から、部内の話なんかをし・・・夕方ともなると、ようやく彼女も慣れてきて、自分のことを少しずつ話はじめた。
「早く、緊張感がとけて、彼女らしく過ごしてくれるといいな~」なんて聞きながら思っていた。

すると、彼女が「あの・・・面と向って言うのも失礼かもしれないんですけど・・・」と言うので、「なぁにぃ?」と聞くと、彼女は何とも嬉しい事を言ってくれた。

「私がこの会社に決めたのは、○○さんが面接してくれたからです。私も、色んな会社に行きましたが、○○さんみたいな人って本当にいないんです。○○さんとお仕事が出来るって本当に嬉しいです!○○さん、思ったとおりの人でしたっ!」

って・・・(照)
うーん、ありがたい。(しかも、「声が」杉本彩に似てるって!!どぉ?どぉ??)

“いったい、一日一緒にいただけで、何がどーしちゃったんだろう?(笑)”なんて思うけど・・・素直に嬉しかった。ありがとう。

===

今日付けで辞めてしまった彼女には届けられなかったこと。
昨日から来てる彼女には、ちゃんと伝えられたこと。

姐が皆の上に立つ立場として、自分で一番大事にしていることは、

「部下を認める、信じる、任せる。
そして、何かおきても、部下の非を責めずに、尻拭いを一緒にやる。」

ということ。


姐と一緒に働く人達が、会社に行くのを(面倒だなーとか、寒いなーとか思うけどさぁ・・・)、せめて「苦痛だなぁ~>_<」とだけは思わずに、その笑顔を見せてくれれば、と思っている。


この何日か、寂しかったり、嬉しかったり・・・あぁ、忙しい!!(笑)
心の中も忙しい中間管理職の日々でした♪
スポンサーサイト

■ 予感的中・・・そして、おめでとう

先週のとある日は、BirthdayCallの記事に書いた♂の誕生日だった。


あの記事を書いてからの約3ヶ月の間、結局、♂からの連絡はなかった。
毎年のことながら、姐の誕生日を過ぎると世の中はクリスマス、会社は年末、そしてお正月・・・と世間も、そして姐の生活も慌しくなることが多く、この3ヶ月もそんなこんなで過ぎていた。

手帳の1月のページになると、「○○誕生日」の文字が書かれてる。
1月の間、手帳を見るごとに目にすることになり、時々は“あ~、連絡ないな~。どーしよっかなー”なんて一瞬思ったりしつつ、悶々と思い悩むようなことでもない。悶々と思い悩まないということが、恋愛感情がそこにはない、っていうことを証明してるように思う。
“どーしよっかなー”と思うたび、“当日の気分で考えよ”と思っていた。


そして、当日。
仕事中にカレンダーを見て、“何か今日あったよな?”と思うと同時に思い出した。

「そうだ、今日だ。どうするか考えなくちゃ。」と。


普通に会社での時間が過ぎ、その夜はコーチングセミナーに出て、帰路に着く。電車の中で・・・・ぶっちゃけ、すっかり忘れてた(笑)
そして、家に帰ると時計は22:30を指していた。また思い出す。

「あと、1時間半かー。さて、どうしようかな」

と思いはするが、ご飯を食べて、今日の“生活”を終えなくちゃ。

・・・落ち着いた時には23:30。


さてと。
ひとりになって思う。

「結局、連絡ないままかぁ。もう忘れちゃってるのかなぁ。」
「それなのにこっちがメールするって、追いかけてるみたいじゃない?」
「もしかして彼女がすごく嫉妬深い人で、メールとかヤバいのかなぁ?」

なんて事をほんの2-3分、考える。

こんな時、姐はたいてい、この質問にいきつく。

「で、どうしたいの?」
「相手はともかく、自分は相手とどういう付き合いをしたいの?」


答えは出てるのだ。
♂と全くの他人になってしまうのは簡単。
今は“いやでも会ってしまう”ような状況には全くないのだし、「この関係を維持していく」というお互いの想いがあって初めて成立する関係(基本的に全ての関係がそうだと思ってるけど)。

♂が「ありがとう」の返事もしてこなかったら、それはまたその時。
今、姐は「おめでとう」の気持ちを伝えたい、そしてこの10年以上続いてるこの関係を維持していきたい、ただ、それだけだ。



誕生日から4日後。

「キレイな○○(姐)へ」というタイトルと共に、
「遅くなってごめん、メール、ありがとう。いや~、想像どおり。
俺も連絡しようと思ったんだけど、ちょうどあの頃バタバタしてて。ごめんな。」
というメッセージが。

そ・し・て・・・


子供の写真が添付されていた(笑)


最初に思ったのは「まったく!もぉ!!」だった(笑)
そして思わず、微笑んだ。ヤツもパパかぁ~・・・(感慨)

確かにフラフラしているように見えるけど、目の前に現れる人生の転機を本当にそれとなく受けいれて、一見“なすがまま”に生きてる彼。
前回会ったのは1年前。そして1年後にはパパ。
まったく♂らしい・・・・。幸せになってね、って心から思う。


実は姐が送ったメールには、
「結婚したのー?いきなりパパ、なんて驚かせないでね♪」
と書いていた。



これで♂とは本当の「ただの友達」になったような気がした。
やっぱり姐は「男と女の友情は成立する」と思う。

■ “好きなことをする”

姐は最近、心理カウンセリングの勉強中に出会った心理学“NLP(神経言語プログラミング)"というのがベースになっている(と言われている)「コーチ」「コーチング」にものすごく興味をもっていて、本を読んだり、セミナーに行ったりしてる。

そして、この“今、興味があること”に向ってどう行動すべきか、を実践するため「セルフコーチング」の本を読み、セミナーに参加したりしてる。


そのコーチングスキルについては、カウンセリングとも共通するところも多く、とても面白い。「十人十色」とはよく言ったもので、人の心理は人の数だけ存在するのだけれど、その“心理学”の権威であると言われている3人の心理療法家がそれぞれ違った療法を用いるのにも拘らず、劇的な成果を上げていることに着目したリチャード・バンドラーという人が、それらを統計的にまとめてプログラム化したものが、NLP。主には、『ことばの使い方』や『非言語の使い方』、そして、『無意識の活用の仕方』を科学的に分析し、体系化したもので、元々はセラピストやカウンセラーの為に開発されたものなのだけれど、最近は最強のコミュニケーション法として注目を集めている。

・・・あれ?姐、ちょっと頭よさげ?(笑)

ま、要は3人の心理療法家の療法と成果をよくよく見てみたら、“これが大事なのねー”って事が浮きぼりになってきて、じゃぁ、それを実践してったら、皆、気持ちよく生活できるんじゃないの~?!みたいな話。

・・・だと思う(笑)

が、この話はまた別の機会に・・・姐もまだ極めてないもので^^ゞ


で、話を戻そう。

その「セルフコーチング」の本の冒頭、第一章に「好きなことをやる」というのがあるのだけど、その本の言わんとするところは「何がしたい、何をすべき・・っていうのがわからなければ、とりあえず“好きなこと”をやってみよう」という事なんだけど、たまたまその日の朝「“好きなこと”“好きなこと”・・・うーん、何だろう」と思いながら、地下鉄の階段を上っていた姐。

せまい地下鉄から地上への階段の途中、老夫婦が「xxxじゃないのかねぇ?」「いや、まずあがろう」「でも・・・」なんて話をしながら立ち止まっていた。確かに、前を急ぐ朝の通勤ラッシュでは、ちょっと迷惑な感じ。

姐の前のサラリーマン風♂に「霞ヶ関はどちらに・・・」と聞いたおばあちゃん。そのリーマン♂は言った。

♂「いや~、わかりません」

嘘でしょぉ~っ!!!あんたが乗ってきた電車の先が霞ヶ関でしょぉ~!!(怒)
姐は思わず、MP3を耳から外し「どちらですか?」と聞いた。
おじいちゃんは階段を上がろうとする(けど、あがっちゃダメなのだ)。
おばあちゃんは本当に申し訳なさそうに「あの、霞ヶ関・・・」と聞く。
姐は「あ、この階段下りて右の改札とおったら目の前の電車に乗るんですよ」と教えてあげた。おばあちゃんは「じーさん、こっちだって、こっち」とおじいちゃんを呼び人の波と逆流して階段を下りようとしていた。姐は階段の上に向って歩き始めた。

その時、おばあちゃんの声が下から聞こえた。

「おねーさん、ありがとうね!」

姐が少し振り返った時、おばーちゃんとおじーちゃんは既に角を曲がっていて見えなく、姐も立ち止まるでもなく地上に出た。

姐は思った。

「あ・・・これ、私の好きなこと」


会社についてエレベータに乗る。前には営業の若造♂。姐は思う。
「お前、挨拶しろよ・・・朝から気分悪いわ」と。
でも、姐は自分から彼に言った、「○○くん、おはよ♪」。
ヤツは言う「あ、おはようございます」。

「姐は朝は挨拶をするのが好き」


“好きなこと”をすること=自分が気持ちいい=自分に少し余裕ができる=人に優しく出来る・・・。そんな風に思った。

「周りが見てるから」とか、「相手がしてこないから」とか、「xxxべきだから」とか、なんていう理由で、“本当はコレが好き”ということをせずに、我慢してたり意地を張って相手のせいにしていたり・・・そんな小さなことって意外と多いのかも。

その“セルフコーチング”の本の趣旨はもっと大きな視点での話なのだけど、「自分の好きなことをすること」は、自分を好きになる、自分に自信が持てるようになる・・・近道なのかもしれない。

どんな小さなことでも「こんな時、私が好きなのは・・・こうすること!」って思いながら生活してみよう。


今、姐の中で、ずっと感じていたモヤモヤが少しずつ少しずつとれていっている・・・

■ こ、これって・・・・恋?

今朝、ちょっと訳あっていつもの通勤電車より1本遅いのに乗ることとなってしまった。
通常は乗換え駅で、その駅からの「始発」に乗るようにしているのだけど、今日はしょうがない、それを待つ時間もなく混んでいる電車に乗換えた。


いつものように、MP3で桑田さん(でも今朝はピアノジャズバージョン)を聞きながら、お気に入りの江国香織さんのエッセイを読もうと思った姐。だけど、何となく集中できなくてほんの2駅だけど、地下に入るまでの車窓からの景色をボーッと見ていた。


その時、携帯電話の注意をうながすアナウンスが流れた。

「・・・・・電源をお切りになるか、マナーモードに設定をお願いします」

ピアノジャズが途切れていたか否かはわからない。
ただ、すっと耳に入ってきたその声と、その話し方に


どきっ


とした。何て優しい話し方なんだろう・・・・。


「ただいま停止信号により停車中です。お急ぎのところ、ご迷惑をおかけしております。」

いつも聞く当たり前のそれらの台詞が、まるで“姐に話しかけてるみたい”に聞こえる。
甘い声。セクシーな声。
そういう声じゃない。

ただただ、優しく話しかけるようなその語り口にマイッてしまった。

いつの間にかピアノジャズは終わって、桑田さんに変わってる。
イヤホンを外すのも躊躇われ(誰にだ?)、音量を少しだけこっそり下げる。


「どなた様もお気をつけください」

この“ください”が、いい。
大抵は、(車掌さんごめんなさい)「xxx下さい」と言っているけど、マニュアルどおりに言ってる感がありあり、「xxxしろよなっ」って本当はいいたげな・・・慇懃無礼な感じのアナウンスが多い中、「xxxしないと本当にお客様が危ないですから、どうか気をつけてくださいね」という感じがこもってるのだ。


そして姐の降りる駅が近づき、「もうちょっと聞いてたいな」と思った時、こう言ってくれた。(・・・言ってくれた?)


「次はxxxです。
外は今日も大変寒くなっております。風邪などひかれませぬよう、お気をつけください」


はい、今、皆さんが言いたいことはわかる。

「しゃべり過ぎじゃね?」

姐もいつもはそう思う。「この人、カラオケ行ったらマイク離さないタイプだな」とか(笑)

それがーっ。

本当に、今日の車掌さんは「うん、ありがとう」と言ってしまいそうになるような語り口なの。


会社のあるその駅を降りて遠くにベルを鳴らしている車掌さんが見える。
ちょっと待ってどんな人か確認をしようかと思ったけれど・・・・


妄想は妄想のままのが楽しいこともあるので、止めた(笑)


明日もあの電車に乗りたいな。
だけど、この電車だと会社に間に合わない・・・・ぐすん。


さぁ、意外に恋愛至上主義の姐、どうする?!
ってか、これって・・・・恋?

■ 「パイロットフィッシュ」 大崎 善生

本当は、最近我が家にやってきた沢山の新しいメンツ達(と言っても冷蔵庫とか 笑)について書こうかと思ったのだけど、日が暮れて部屋がオレンジから薄暗くなる途中、平原綾香なんぞを聴きながら電気もつけずにPCの前に座っていたら、ふとこの本を思い出した。

「こんなステキな時間に冷蔵庫の話もないだろう^^ゞ」ってことで、その本について書こうと思う。


姐は時々、ふらっと本屋さんに行っては、文庫本を2-3冊これと言ったこだわりもなく「ピン!」ときたら買い溜めすることがある。

10月頃だったと思う。
やっぱりこの本もそんな一冊だった。確か「みずみずしい感性が・・・どーのこーのの青春小説」って書かれていたような。
なんでしょう、みずみずしさに、青春に飢えていたのでしょうか(笑)

ともかく。

買ってからすぐには読まない(何故なら、出番待ちが沢山あるので)のが常だが、何となくこの本は買って結構すぐに手をつけた。

そして、最初の1ページ目を読んだだけで、なんとも言えない・・・何か心を鷲摑みにされたようなショックを覚えた。


- 人は、一度巡り合った人と二度と別れることはできない。なぜなら人間には記憶という能力があり、そして否が応にも記憶とともに現在を生きているからである。

- 人間の体のどこかに、ありとあらゆる記憶を沈めておく巨大な湖のような場所があって、その底には失われたはずの無数の過去が沈殿している。

- ボートの上から湖の底が見えたとしてもそこに手が届かないように、沈殿している過去を二度とその手に取ることはできない。

- 記憶はゆらゆらと不確かに、それでいて確実に自分の中に存在し、それから逃れることはできないのだ。

「パイロットフィッシュ」大崎善生 角川文庫 平成16年初版発行


物語は19年前、主人公がまだ学生だったときに付き合っていた女性から、19年ぶりに連絡があるところから始まる。そして、その当時、その彼女によって「月刊エレクト」というエロ本の出版社に勤めることとなる主人公。

ところどころに、まぁ、雑誌作りということでここでは「ピー」音入れないとさすがの姐も書けないような単語も出てくるのだけど、それがまた人間らしくて、いい。

話はそう重い話ではないけれど、読んだ後に何とも言えない「人間って・・・」っていう感慨があった。こういうのを「青春小説」っていうのかな(笑)

ちなみに、「パイロットフィッシュ」というのは、水槽でお魚を飼う時にメインのお魚のために適した水を作るために最初に水槽に入れられる魚のことだそう。生態系の存在しない水の中に入れられたパイロットフィッシュの糞に含まれるバクテリアがメインの魚達のための水に必要で。そして、パイロットフィッシュは捨てられてしまうものらしい。
そうしないと、メインの魚は育たないから。


興味があれば、読んでみてください。
#ちょっと赤面の場面もありますが・・・^^ゞ




すっかり日も落ちちゃった。
のんびりだった連休も終わりだね・・・

■ 年が明けて・・・

あっと言う間に5日も経っちゃった。
っつーことは、今年もあと360日ってこと・・・1%が過ぎ去った。

ここ2-3年、毎日無駄なく過ごしたいっていう気持ちがすごく高まってる。
正確には「過ごしたい」って思ってる割には、ずっと動けてなかったここ何年。重い腰をようやくあげて、何となく動いてみた・・・のが去年かな。
“無駄なく”というよりは、もう少し“充実した毎日を”かな。


そう考えると「仕事での充実」って姐にとっては、大切だなぁ・・・って今更ながら思う。

よぉ~く振り返ってみると、「忙しいっ!!!」とぎゃーぎゃー言いながらも、仕事での充実感や満足感はずっと得られていたように思う。姐は人生(ちょっと大げさ^^ゞ)、何もかも“バランス”だと思っていて、「仕事」「遊び」「恋愛」の3本柱は、常に姐が姐でいるために重要なファクターだ。

その「仕事」に満足していない。
“満足してない”・・・うーん、ちょっと違うかなぁ。“飽きてきた”かなぁ・・・、ワクワクしないし。

傍から見たら、可愛い部下がいて理解ある上司がいて、80%位は好きな時に休みが取れる・・・♪優雅な優雅な♪♪かもしれないけど、「傍から見えるもの」なんていうのはいくらでも作れるし、そう振舞うことだってできる。それに、傍から見える姿であーだこーだ言われたくもない、実際。


実は年末、衝撃的なことを部長から聞いた。

派遣スタッフの1人が契約を更新せず・・・つまり、退社するという。
そして何やら起業するらしい・・・詳細はこれからだ。

彼女は4年半もの間、一緒に仕事をしてきた。
最初は手が掛かったのだけど、仕事の成長もなかなかのものだし、何より今は派遣スタッフの中でも面倒見がよく慕われていて、周りからの信頼もあつく、「彼女に任せて安心」的存在だった。

姐、かーなーりーーーー、ショック!!!

いや、「ショック」という感情は既に年末に昇華できている。
♀ばかりの部署(に限らないけど)、いつ誰にどんな岐路が訪れてもおかしくない・・・と覚悟はしてる。
多分、部長も。

今は何となく“うんざり”な気分。それが嫌だ。
「新しいメンバーを迎えて、部署一同リフレッシュだわ!」なんて前向きな気分になれず、「あぁ・・・また、あっち気ぃ使って、こっち気ぃ使って、持ちこたえなくちゃだなぁ・・・」っていう憂鬱な気分なのだ。
マネージャーになって初めてかも。

それと「き、起業?!あの子が?!」という・・・先を越されたな的 焦燥感。
この“人と比べる”感じ、よろしくないなぁ・・・ →姐。


まぁ、なんだか、年初からウダウダ系な記事になってしまったけど^^ゞ

もちろん、このままでいいなんて思っている訳もなく、いい加減、自分で自分に嫌気がさしてきているので(ある意味これはいい感じ^^)今年はガツガツ前に進んでいきたいと思ってる姐っす。
ガツガツ前に進んでいきゃー、見えてくるものもあるでしょう。
とりあえず、ここにこうしていても何も見えてこないことはよーくわかったし、ね。色々動いてみて、「これかも!」っていうものに出会いたい・・・出会えそうな予感が少しだけどしてる。何より“色々動いてみよう”と思えてることは◎だ。


なんとなく、まとまりのない文になってしまったけど・・・そんなこんなな今日この頃ですっ!
(最後まで、まとまんねーっ 笑)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。