Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ こ、これって・・・・恋?

今朝、ちょっと訳あっていつもの通勤電車より1本遅いのに乗ることとなってしまった。
通常は乗換え駅で、その駅からの「始発」に乗るようにしているのだけど、今日はしょうがない、それを待つ時間もなく混んでいる電車に乗換えた。


いつものように、MP3で桑田さん(でも今朝はピアノジャズバージョン)を聞きながら、お気に入りの江国香織さんのエッセイを読もうと思った姐。だけど、何となく集中できなくてほんの2駅だけど、地下に入るまでの車窓からの景色をボーッと見ていた。


その時、携帯電話の注意をうながすアナウンスが流れた。

「・・・・・電源をお切りになるか、マナーモードに設定をお願いします」

ピアノジャズが途切れていたか否かはわからない。
ただ、すっと耳に入ってきたその声と、その話し方に


どきっ


とした。何て優しい話し方なんだろう・・・・。


「ただいま停止信号により停車中です。お急ぎのところ、ご迷惑をおかけしております。」

いつも聞く当たり前のそれらの台詞が、まるで“姐に話しかけてるみたい”に聞こえる。
甘い声。セクシーな声。
そういう声じゃない。

ただただ、優しく話しかけるようなその語り口にマイッてしまった。

いつの間にかピアノジャズは終わって、桑田さんに変わってる。
イヤホンを外すのも躊躇われ(誰にだ?)、音量を少しだけこっそり下げる。


「どなた様もお気をつけください」

この“ください”が、いい。
大抵は、(車掌さんごめんなさい)「xxx下さい」と言っているけど、マニュアルどおりに言ってる感がありあり、「xxxしろよなっ」って本当はいいたげな・・・慇懃無礼な感じのアナウンスが多い中、「xxxしないと本当にお客様が危ないですから、どうか気をつけてくださいね」という感じがこもってるのだ。


そして姐の降りる駅が近づき、「もうちょっと聞いてたいな」と思った時、こう言ってくれた。(・・・言ってくれた?)


「次はxxxです。
外は今日も大変寒くなっております。風邪などひかれませぬよう、お気をつけください」


はい、今、皆さんが言いたいことはわかる。

「しゃべり過ぎじゃね?」

姐もいつもはそう思う。「この人、カラオケ行ったらマイク離さないタイプだな」とか(笑)

それがーっ。

本当に、今日の車掌さんは「うん、ありがとう」と言ってしまいそうになるような語り口なの。


会社のあるその駅を降りて遠くにベルを鳴らしている車掌さんが見える。
ちょっと待ってどんな人か確認をしようかと思ったけれど・・・・


妄想は妄想のままのが楽しいこともあるので、止めた(笑)


明日もあの電車に乗りたいな。
だけど、この電車だと会社に間に合わない・・・・ぐすん。


さぁ、意外に恋愛至上主義の姐、どうする?!
ってか、これって・・・・恋?
スポンサーサイト

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。