Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 優しさは数珠つなぎ

前に働いていた会社の大好きだった先輩は、飲みに行くたびに姐にご馳走してくれ、少しでも払うという姐に、いつもこう言った。

「いや、い~んだよ、○○。俺もさぁ、こうやって先輩にご馳走になったからさ。お前に部下が出来た時にこの分はお前の後輩とか部下に返してやれよ~」

姐は“ご馳走してくれた先輩にお返ししなくていいんか?意味なくないか?”と思ったけど、素直にその先輩の言葉を受け取ることにして・・・そして今、同じ事を後輩や部下に伝えてる。



嬉しい気持ち、優しい気持ち、ありがとうの気持ち・・・
そういう気持ちって、そういう気持ちにさせてくれたその人だけじゃなく、自分の周りの誰かに自然にお返ししていくものなんだな、って思う。先輩が言ってたように。

姐が今誰かの、ただ嬉しい顔が見たくてするほんの小さな事たちは、その誰かからのお返しを期待しているからじゃない。自分が感じたあの嬉しい、ほわっとする優しい気持ちを、姐の大好きな人達が感じてくれたら嬉しいなって思うから。
姐の大好きな人達が姐にしてくれる小さな優しい事たち・・・それはメール1本だったり、お手紙だったり、時には沈黙だったり。

まるで年中挨拶、季節の贈り物のように「もらったから、返す」なんて、まるで貸し借りのように扱ったりしたくない、大切な気持ち。



最近元気がないという♀友達。姐ログを読んで「がんばろ 姐さん」ってメールをくれた。
でも姐は正直に「今、姐は頑張らない。」って返事をしたら「頑張らない、これだ!って思えた。ありがとう」って返事がきた。彼女が少しでも元気になったら、姐はすごく嬉しい。

中学生の時からの親友♀から久しぶりに一本のメールが入った。「元気?」って。
この姐ログは知らない彼女。あまりにタイムリーで、泣きたいくらい嬉しかった。
彼女はいつも姐の心配をしてくれてる。

病院の検査結果待ちをしている部下がいる。いつも元気な彼女だけど、さすがに元気ない。
そのことを一番に報告してくれた彼女。月末で忙しく声もかけられずにいたけど、ずっと気にかけていた。昨日の会社帰りに「月末月初だけど仕事の心配はしなくていい。今、一番大切にしなくちゃいけないことを大事にね」とメールした。「不安で心配でしょうがなかった、泣きたいくらい嬉しかった」と返事がきた。大丈夫だよ、Cちゃん。

家に着いたらポストに一通のお手紙が。
メールしようかと思ったけどお手紙にするという書き出しで始ったそのお手紙は、彼女の近況と一緒に、茶色くなった桜の花びらが一枚入っていた。「姐ログを読んで、幸せになるために毎日手の平ひろげて歩いていたら落ちてきた花びら。お財布に入れてたら茶色くなっちゃったけど、姐さんにあげます」って。目頭が熱く、熱くなった。ありがとう、ありがとう。

明日は別の部署の間もなく定年退職される部長のご指名で、接待に借出される。短い間しか一緒にお仕事はしなかったのだけど・・・箱に入った目立たないお花を用意しようと思う。“ご苦労様でした、ありがとうございました”の想いを込めて。



優しい気持ちは1⇔1じゃなくて、1⇔∞なんだなって改めて気づかされた一日だった。
そうやって皆が思えたら・・・世界中は∞⇔∞の優しさで繋がるね。
スポンサーサイト

■ ちょっとだけブルーな日々

最近・・・体調がすぐれない。
GW明けからずっとだ。

なんて書くと、“ここを訪れてくれる人達に心配されちゃうかな”なんて思って書かなかったけど、“そうそうここは姐の日記だった”と思い直して書いている。

なんとなーく、ちょっとだけ、いつもブルー。


思い当たる節がある。

病院行かなくちゃな~・・・なんて思いながら、目先の楽しい事だけを見て目を逸らせてきた。
だけど、xxが痛いとかそういうことではなく、“精神的にブルーが続く”っていう症状は一番よくない。悪循環。

沖縄から帰ってきて、その楽しみが終わると、まるで“さ、もういいでしょ。病院行きなさい”って言っているかのように、体全体に気だるさがつきまとってきた感じだ。


「ストレスですね」

で片付けられるような気もする。
今までも同じような事は何度かあって、その度に病院ではそう言われた。
だから、最初は自分でも「またか」って思っていたのだけど、いつもより長く続いている。

なんですぐに病院に行って、いつものように「ストレスですね」って言われてこなかったんだろう、なんて考えてもしょうがないことを思う。
そしたら今ごろは同じ状況でも「しゃーない」と思っていられたのに。

病院に行って安心を手に入れる事を怠っていたら、どんどん不安になっていった。
あぁ・・・


毎日楽しいこともある。
心から笑っていることもある。
それは演技でも無理やりでもなく、楽しいとか嬉しいの感情をそのまま受け入れて笑ってる。

でも、そうじゃないとき。
例えば、電車の中、仕事中、DMなんかのどーでもいいメールを目で追ってるとき・・・そんな時にブルーな気持ちが、ふとよみがえる。


次の楽しみの前にちゃんと病院に行こう、と決めた。

■ 怖くて帰れない・・・

姐は、雷が大嫌い。
あと地震も。

今、まさに外は雷・・・怖いよぉ~(涙)
胃がキリキリする。

早く帰りたいのに。
お仕事も終わったのに。

怖くて出られない。


何でだろう?って考えてみる。
何か実際に怖い思いをした、というようなトラウマはない・・・と思う。

ただ姐ママも雷が大嫌いで、子供の頃から姐ママが怖がっているのを見てきた。
そして姐もきゃーきゃー言っていた記憶がある。
姐はひとりお留守番の時、押入れに隠れていた記憶も。
学校にいて雷がなると家にいる姐ママが心配だった。
(もちろん、今、この時も)


驚くのが苦手なのかも。
普段の生活から、例えばエレベーターを待っていて誰かが乗っていたりすると、間違いなく“ぎくっ”としてしまう。
明らかに相手にわかる態度で。だから、先方も“ぎくっ”とする。

あ、ジェットコースターも嫌い。


そろそろ出ようかな・・・どうしようかな・・・・
怖いな・・・・

こんな時は誰かにぎゅっと手を握っていて欲しい。


#このテンプレ、ちょっと可愛いすぎかなぁ?らしくない??(照。)

■ 新しい音楽との出会い

GWの最終日に、念願の外付けHDD(250GB)を購入。
以前からずっとやりたいと思っていたパソコンのデータ整理をここ何日かチマチマやっている。
ついでにメモリも自分で増やしちゃおうかと思ってる今日この頃。

実は、結構、ヲタク・・・じゃないけど、Aな姐(笑)
パソコン専門店・・・姐の家の近くには「PC DEPOT」があるのだけど、もう血が騒ぐ、血が騒ぐ。


って、そんな話ではなくて。


データの整理はもちろん、溜まっちゃってる写真の整理ともう一つ、音楽データだ。
姐の家には、そうねぇ・・・ざっと300枚位はCDがあるんじゃなかろうか。それも、結構、直感的に“好き”“いいな”と思ったものを買ってしまうので、ジャンル問わず、世代問わずだ。
出来るなら、全部CDをPCに落として・・・好きな音楽だけを集めていつも聴いていたい。奥の方にいっちゃってる昔のCDとか、絶対、いいの眠ってるもん!


自分が好きなアーティストのアルバムはちゃんとCDで新しいのを買う。
“外さない”ってわかってるから。
(でも、外しちゃいないんだろうけど、“xxx・・・音楽性変わったなぁ”と離れていくことはある)

でもTVっ子でもない姐が、新しい音楽とそうそう出会えるはずもなく、大抵はかなり時差をもって「この曲知ってる?」と周りに聞く時は、既にとっくの昔に流行り終わってたりして^^ゞ

だけど、いいのだ。
音楽は廃れない、姐はそう思う。
小説と同じだ。
その時代や、自分を取巻くその時の状況によって、自分にハマるハマらない・・・はあるだろうけど、音楽は廃れない。
新しいものがいいもの、じゃぁないと思う。

そういう意味で、姐は“今の姐にピピッとくる音楽”を探すのが好き。
新しくなくてもいい。


今日は久しぶりに雨じゃなかったので、チャリンコに乗って、近所の気になっていた中古CD屋さんに行った。それも2件、ハシゴ。

超楽しいぃぃぃ!!!(笑)


姐はレンタルが苦手。
借りるときは楽しくて、たくさーーーん借りてしまうんだけど、沢山借りすぎちゃって、ちゃんと聴かない(笑)しかも、そうやって借りるものは選ぶ方も気合が入ってないから、あんまり当らないものだ。
姐は“歌詞重視派”なので、歌詞カードあって欲しいし♪

ってな訳で、気が向くと中古CDのコーナーをぶらぶらしながらCDを買う。

今日の収穫は・・・

理由:姐が気になるアーチストなのでちゃんと聴いてみたかった
AI - 2004 AI
スキマスイッチ - 夏雲ノイズ
nobodyknows+ - nobodyknows3

理由:元々好きで、買いそびれていた
Love Psychedelico - LOVE PSYCHEDELICO III

理由:前回レンタルでコピッたらすごく良かったので昇格
SOUL'dOUT - SOUL'dOUT

理由:100円っつー値段に惹かれて&懐かしくて(笑)
THE BUBBLE GUM BROTHERS - BORN TO BE FUNKY

理由:何となく・・・良さそうな予感がして
SOUL LOVERS - New Age Channel


うーん、随分買ってしまったわ^^ゞ

そして、PCの前に座りながら、さっきまで聴いていたのが「SOUL LOVERS」。これ・・・・アタリですよ、アタリ。いいっ!
2000年のCDなんだねぇ。500円で買ったのに、大正解☆
なんでしょう、まぁ、Soulな感じ。ソフトなSoul。わかり易いところでは、Misiaとかみたいな?もうちょっと泥臭い感じだけど・・・好き。
っつーか、この人達、有名なのかな?(恥)

明日のMP3はこれにしよう^^



今は念願のスキマスイッチ。
かの有名な“奏”を聴きながら・・・
ピアノの音がいいなって思う、nobodyknows+もそうなんだけど。
もしかしたらKeyBoadの電子音なのかもしれないけど、ピアノの鍵盤の音(に聴こえる音)がいい感じ。


うーん、今夜は何時に寝られるんだろう(笑)
明日会社なのにぃ~ >_< 寝なくちゃっ!!
あ、明日、会社の後輩♂に頼んだノラ・ジョーンズ、ちゃんと持って来てくれるかなぁ・・・


新しい音楽が増えて・・・楽しくて楽しくてしょうがない♪

■ 見たくないもの・・・

姐がサザン大好きなのは周知のとおり。

で、今朝、いつもどおり会社についてPCを立上げると・・・

元サザンメンバーが大麻所持

の文字が飛び込んできた。


何だろう・・・何ともいえない虚脱感みたいな、空虚感が姐を襲う。

ギターの大森さんが抜けたのは、2001年だったと思う。
姐が最後にサザンとして大森さんがギターを弾いていたのを見たのは、2000年の茅ヶ崎ライブだった。
その茅ヶ崎ライブのメンバー紹介(だったかな?)で、桑田さんが「今日はスナックで朝まで飲むか!」なんて大森さんに言っていたのを覚えてる。大森さんはすごく嬉しそうだった。
「ステキな関係だな~」って思った。

2001年8月に桑田さんが、サザンのFMラジオ「やさしい夜遊び」で大森さんの脱退について発表した時、桑田さんは自分の不甲斐なさみたいなものをチラッと言っていた。そんな風に思いながらも大森さんの脱退を尊重し、送り出したサザンのみんな。そして我々ファン。


だけど。

姐は一概に「大森ばかやろー」とも思えない。
確かにこれは裏切りに値する行為なんだと思う。
姐が今傷ついてるこんな気持ちに比べたら、サザンのメンバーの想いなんて計り知れないと思う。


だけど。

何だか切ない。
悲しい。



姐がドリカム好きなのは周知のとおり。
そして西川くんも覚せい剤所持でつかまっている。


覚せい剤を打って、大麻を吸って、体に悪いと知りながら、家族や友達の顔が浮かんでいながら、それでも自分の意識を覚醒させて・・・・そこまでしても“見たくないもの”、それは何だったんだろう。


ただただ、切ないよ・・・

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。