Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ ハングリーになること

先日、姐が月に一度参加しているセルフコーチングの定例会で知り合った方に、こんな事を言われた。今後、姐がカウンセラーの資格を活かして、あれしたいこれしたいの話をしていた時のこと。
その方はコミュニケーション教育関連の会社を経営されている方だ。

「○○さん、いいもの持ってると思うなぁ。大きくなれるんじゃないですか?
 もうちょっとハングリーになってやればいいんでしょうけど、今の生活も充実してそうで^^
 何だかんだ言って満足しちゃってるんじゃないかな。それも悪くないですけどね。
 もったいないねぇ~・・・。その程度じゃなくてもっと出来ると思うよ。」


・・・・( -_-)ドキッ


この“ハングリー精神”というもの。


ちょっとドキッとした。
こう見えて、昔から「欲が無さ過ぎる」とか、「やればもっと出来るのに」とか、いわゆる“本気で頑張ってないんじゃないの?”的指摘を受けることが多い姐。
学生の時は、進学先の選択で、仕事をするようになってからは会社におけるキャリアアップという感じだろうか。

振り返ってみると、「どーしても私、こうなりたい!!」とか、「だってこれが大好きなんだもの!!!」っていう自分の欲求をベースに、(端から見れば)一見“頑張ってる”風な生活をしてきたこともある。短大時代は英語がしゃべれるようになりたくて、短大で18:00まで、それから3時間英会話学校に行ったり、そのためにバイトを2つ掛持ちしたりもした。
そして一応は英語がしゃべれるようになって、今も仕事で使っている程度には問題ない。
だけど、それは“好きだから”っていう気持がそうさせていたのであって、「ハングリー精神か」っていうと、決してそうではないと思う。

姐が思うに、“ハングリー精神”っていう言葉が連想させるものは、「必死で」とか、「なりふり構わず」とか、「周りにどう思われようと」っていう感じ。

そう考えると、そんな風に頑張った事あるか?>姐・・・

答えは「いいえ」だ。
もちろん、過去に自分の意志に反して、状況がそうさせる的状況におかれたこともあるっちゃあるけれど、姐の人生に降りかかってきた“やらざるを得ない状況”なんてものはたかが知れている事ばかり。


あ~・・・痛いとこ突かれちゃったなぁ。
そう、姐はいつでも「できるだけ楽してxxしたい」と思ってる。
「どうせやるなら楽しくね♪」と。

ってそう言いながらも“ハングリー精神がない事、が、悪い事とも思えない”とも思ってる、基本的に甘ちゃんな姐である。

姐は自分がハングリーになれない分、ハングリーに生きてる人が好きで、そんな人達のサポート役が向いていると自分では思っている。いや、間違いなく。

あれ?だから、選んだのがカウンセラーなのか、コーチングなのか?!


何となく見えてきた感じかも♪
そう思ったら、“ハングリー精神なくて、何が悪い”って気がしてきた(笑)
世の中の皆が“ハングリー”だったら、社会は成り立たないのだ。うん。
スポンサーサイト

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。