FC2ブログ

Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ 眩しい正義感

今朝、いつものとおりの通勤時間に自宅のある駅のエスカレータを上がっていた。
っと、姐の2人前にいた“イマドキ風♂”が突然エスカレータを早足であがったので、「電車きちゃった??」と思い、姐も少し早足であがった。

っと、電車の気配はない。

するとそのイマドキ風♂は、その前にいたやや小太りの別の♂の腕をつかみ、嫌がってる風の小太り♂をホームでひっぱるようにしていた。
イヤホンを外し、何か言いながら。


「・・・朝っぱらから喧嘩かよぉ~・・・。エスカレーターの順番??!」


なんて思いながらつられて早足しちゃった姐は、“ちっ”と思った。姐はMP3で“元ちとせ”を聴いていたので会話は聞こえなかった。


っと、そのイマドキ風♂が小太り♂をひっぱっていった先は、駅員さんのところ。
そして、その駅員さんも加わった♂3人組は、少し先の女の子に話しかけ、驚いた風で少し困った風の可愛い♀がとまどいながら、その輪の中でうなずいていた。


・・・ってところで、電車がきて姐は乗ってしまったのだけど。
あ、別におばちゃんみたいにジーッと見ていたわけではありません。姐がいつも乗るところのすぐ近くでの出来事だったのです。


電車が動き出してそのイマドキ風♂の顔がはっきりと見えた。

明らかに怒っていて憤りを感じてるイマドキくん。
“やっべ~”と思いながらもだらだらで薄笑いさえ浮かべてる小太り野郎。
“朝から面倒だな~”って風が感じられる駅員。
そして、可愛いギャル。


絵に描いたような正義感を久しぶりに見た気がした。
仕事でからむ人達が訴える“正当性”だったり、確かに正論な“こうあるべき論”というのは常日頃から接する事があるけれど、「純粋な正義感」というと・・・あるだろうか。
そもそも、“正義感”が仕事に必要だという気もしないし、
“俺様の正義感”で仕事されてもねぇ~という気もする。

ひょろっとしていて、よろっとしたTシャツにジーンズ。
今時の髪型をしてイヤホンで音楽を聴きながら、エスカレーターの先で起こった“あるまじき行為”に咄嗟に走り出し駅員に突き出した彼。


姐には何だか・・・眩しすぎる光景だった。
スポンサーサイト



プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク