Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ “諦める”ということ。

姐が好きな作家の一人に、今は亡き「鷺沢 萌」という人がいる。
彼女は、姐が口に出来なかったこと、姐が感じていながらも表現出来なかったことを、さらりと文章にしてしまう。
だから、彼女の本、特にエッセイを読んでいると共感どころか、ドキドキしてくるくらいだ。

===

- 最後まであきらめるな、あきらめさえしなければ必ず望みは叶うものだ、というようなことを本気で口にする人は、きっと、奥歯を噛しめて、額に血管を浮かばせながら、それでも「あきらめる」を選択するしかなかった、信じたいのに、信じられればそれほど楽なことはないのに、それでも「信じない」を選択するしかなかった、そういう経験のない人なのではないかと思う。

- 「あきらめない」ことは、さして難しいことではない。さして難しくないことをするときに、殊更に胸を張って、声高に主張する必要はない。世の中にはどうやってもあきらめる他ないことがたくさんある。山ほどある。厭になるくらいある。

- そうしたことごとの瓦礫の山の上に途方に暮れて立ち尽くしながら、血をしたたらせて「あきらめた」経験が一度でもあれば、「あきらめない」をただキレイなことばとして受けとめることもないはずだ。

- 「あきらめるな」は他人に向かって言うことばではない。自分に向かって、黙ったまま言うことばだ。


「ありがとう。」鷺沢萌 角川文庫 平成17年初版発行



姐のまわりにも沢山ある。
「諦めることが出来たらどんなに楽か」と思うことが。

手に入ろうが入らなかろうが、何かに向かって頑張れること、諦めないでいられることより、「諦めること」の方がずっとずっとつらい。周囲の状況のような外的な要因で「諦めざるを得ない」こともつらいけれど、自分が「諦めること」を選択することは、本当に奥歯を噛締めて、涙をこらえて、血をしたたらせての決心、そしてものすごく辛いことだと思う。


諦めないで頑張り続けられたら、それは幸せなことなのかもしれないと思う。
そして結果が見えて“諦める選択”をしなくてはならないとき、身を削られるような痛みを伴うのだとも。

これからは姐も「あきらめるな」と自分に向かって黙ったまま言おうと思う。


スポンサーサイト

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。