Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ もう一つの年の暮れ

一年で一番忙しいサナカだからこそ、楽しいこと、見つけたい。


なんて思いつつ朝の通勤電車で遅ればせながら、リリー・フランキーの「東京タワー」を読んでいると・・・・・MP3の隙間から、あの声が!!

きゃーん*^^*

そして姐の降りる駅でその声の君は言った。

「ご乗車ありがとうございます。xxx駅です。この先もお気をつけて、いってらっしゃいませ。」

電車の中だけならともかく、降りた後まで・・・その乗客への心遣い。感動。


だけど、最後に言った

「ご乗車、お疲れ様でした」

にはなんとなく笑った。ほんと、通勤って疲れるし^^ゞ
車掌さんも「大変そうだなー」とひとり優雅な車掌室で思ってるのかな。



朝、エレベーターに乗ると去年4月入社の1年生の営業君♂と技術君♂に会った。2人は月曜日の入社式の話をしていた(って会社のセミナールームでやる小さなやつっすけど)。


営業君に「xx君も2年生かぁ~!大丈夫ぅ??」なんて歩きながら話してたのだけど、その子はすごい真剣に、そして素直な感じで言った。

「そうなんですよ・・・。後輩が出来るんですよね~。大丈夫っすかね、俺。ドキドキっすよ~・・・」


・・・可愛い(笑)

後輩が出来る、っていうのと、部下が増える、っていうのは違うわけで。
姐は随分と、この“後輩が出来る感じ”から遠のいていたことに気づいた。
いいな~“後輩”。何となく同志な感じがする。

きっとこの♂も、来年の今ごろは更に増える“後輩”にももうすこし余裕・・・せめて、ドキドキはせずに迎えられるだけ成長してるんだろう。(っつーか、しててくれ 笑)

あぁ、来週からは新しい年なんだ、って思った。
生活の中での年末と、仕事上の年度末。
思えば年度末の方が“実感度”が高いかも。


3月も今日で終わり。
夜には予算がどーのこーの・・・の結果が出るだろう。

だけど、実は、姐の部署ではまだ終わらない。
3月の、そして1年分のあれやこれやをCloseさせる来週月~水曜までが本番。

それでも決算は、どんなに忙しくても答えの出る仕事。
人事のあれやこれやに比べたら、姐の中では楽な方だ。
#実際忙しいのは部下達で、姐は質問とお願い攻めに合って、ひたすら判断と指示をしまくってるの図ってな感じだ。たまに手伝う“宅急便の送り状書き”に心休んだりして(笑)


さぁ、もう少し!
頑張れ、自分!
スポンサーサイト

コメント

ごろー

つらい立場の中間管理職、ご苦労様です。

僕は去年の秋から部署が変わって、あれこれ指示する立場から、うるさいおじいさんたちに、あれこれ頼まれてしまう立場になりました。

でも、かえって気楽ですけど(笑)。

■ごろーさん

コメントありがとうございます^^
お初の登場・・・ですよね?嬉しいです。


>つらい立場の中間管理職、ご苦労様です。

そうですねぇ・・・“つらい”かぁ。
ちょっと反応してしまいました。“つらい”と言いつつ、本当かなって。押さえつけるような上司ではなく好きにやらせてもらって、素直に指示を聞く部下に囲まれて仕事してて・・・“つらい”なんて。

先日、ここで書いた部下が辞める話。
あの時、彼女に少しだけ「私も同じ女子として、色々考えるところあるからね~」って話をしたら、「えぇ~っ!そうなんですか~!!!○○さんは、全然、満足して仕事してるんだと思ってました。辞めるとか無さそうだし」って言われちゃいました。

ちょっとショックでしたね。
部下に「この上司不満ばかりで辞めそうだな。付いていかない方がいいな。」なんて不信感を与える上司にはなりたくないと思ってるので、ある意味、成功なんでしょうけど、ね。

そんな孤独感が“つらい”と思わせるのかもしれません。


>でも、かえって気楽ですけど(笑)。

ごろーさんがそう思えるのなら、“それもアリかな”と思えるのなら、良かったです^^
立場が変われば見えてくるものも沢山あるでしょうしね。

姐もどこかで“うるさいおばさん”って言われないようにしなくちゃです(笑) 

ごろー

いえいえ、三十路はまだまだ若手ですよ(笑) 会社によって事情はかなり違うでしょうが、、、

ラインからスタッフに移って見てみると、当時の上司たちって、四方八方に気を使って、いっぱいいっぱいだったんだなぁ、、、なんて、同情していまいます。

だんだん、ガード下でいっぱいやりながらのような話題になってきた(^^;;

■ごろーさん

>三十路はまだまだ若手ですよ

もっと言ってください、もっとっ(笑)

でも、世間的に見たらそうなんでしょうね。
自分のしてることや判断に時々、自信ないし。
周りにそれを聞ける人や、「それは違うよ」と教えてくれる人がいない、っていうのは自由な反面、厳しかったり責任を感じたりします。


>だんだん、ガード下でいっぱいやりながらのような話題になってきた(^^;;

あは、すんません^^ゞ
ブログのタイトル「姐ログ横丁 in 新橋」(テンプレートはもちろん赤提灯!)に変えようかな(笑)

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/111-82889bce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。