Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 何度も・・・「何度でも」

あの時・・・・“春”についてボヤいたあの時・・・・
あのボヤきは、毎年感じる、本当に小さなボヤきだった。
具体的に何かが起こるなんて、想像もしてなかったんだ。


だけど。


あの日ボヤいてからの一ヶ月強。
ここに書いたことも書けなかったことも含めて、ものすごく濃い“春”の日々だった。
2006年の春、忘れないだろうと思う。

姐なりに悩んだし、ぶつかったし・・・・でも、結構乗り切って頑張って成長したんじゃない?
っていう年として。


何となく色んなことが慌しく過ぎ去って、今は落ち着いている感じ。

自分で言うのもなんだけど・・・・よく、泣かずに乗り越えたなって思う。
去年も、一昨年も・・・“春”かどうか定かではないけれど・・・


恥を忍んでぶちまけると。

姐は・・・家に帰ってきてバックを置くなり、着替えもせずにわんわん泣く事があった。
この何年か・・・一年に1-2回くらい。
いつも、理由はわからない。思い出そうとしてもわからない。
夜帰ってきて、何だか訳がわからず、ともかく泣きたくなって、わんわん泣く。一人で。
そして、泣いてるうちに何だか白けてきて・・・・「何やってるんだろ・・・」って思って、泣き止むのだ。
ふぅ~・・・って思って、そして「さ、歯磨きして寝よ。明日早いし。」みたいな。
そんな、何だかわからないものが溢れてきて、それを涙という形で浄化させたりすることが度々あった。


この春の間、ともすれば、家に帰りつく前に泣きたくなるような中途半端な季節。
姐が泣かずに済んだのは、この曲のお陰だと思う。

悔しくて苦しくて がんばってもどうしようもない時も きみを思い出すよ・・・

落ち込んでやる気ももう底ついて がんばれない時も きみを思い出すよ・・・


姐には思い出す人達がいた。思い出せる顔が沢山あった。
幸せなことだと思う。

そして、誰かに思い出してもらえる人になりたいと思った。
だから、しっかりしてなくちゃ、って。
無理に頑張るとか、がむしゃらに力むとかじゃなくて、ただ、もしかして誰かが姐を思い出してくれたら・・・
姐がこうしている意味もあるなって。

前を向いてしがみついて胸掻きむしってあきらめないで・・・・叫んだ・・・

駅から家に向うチャリンコをこぎながら、何度も聴いた。
ちょっとだけ酔っ払うと必ず聴きたくなった。
朝も、そして、残業後の電車の中でも、何度も聴いた。

だから泣かずに済んだんだなって思う。
色んなことがあった、“苦手な春”なのに。

この先も躓いて傷ついて傷つけて終わりのないやり場のない怒りさえもどかしく抱きながら
どうしてわからないんだ?伝わらないんだ? 
喘ぎ嘆きながら自分と戦ってみるよ


本当にそんな毎日だった。
ふぅ~
振り返ってみれば、“よく頑張ったよね”って自分を褒めてあげたいと思えるような毎日だった。

でも、もう大丈夫な感じ。
姐の苦手な“春”は、思い出すことが出来た沢山の人達のお陰で乗り越えた気がする。

そして、まだまだ10000回もだめな思いしてないから、10001回目もまだ遠い。
そう思ったら、姐はまだ頑張れるって思える。
10000回目までは、まだ遠い。


ふふっ
何だか、アーティストの歌う歌詞に感化されて頑張れちゃうなんて、単純。
馬鹿馬鹿しいと思う人もいるのかも。

だけど、今は、そんな自分が結構可愛いんじゃない?って思えたりして。
格好悪いかもしれなくても、他人にとってはくだらないと思えるような小さなことにさえも心動かされる柔な人間も・・・疲れるけど悪くないなって思える春だった。


あのボヤいた日に期待した「桜の咲く頃にはおおらかに笑っていたい」は残念ながら無理だったけど、ゴールデンウィークには“ゴールデン”な気分で笑っていられそうだ^^

さぁ、早く、夏になれ~っ!(気が・・・早っ 笑)
(その前に梅雨か・・・・ -_-ll)


by DreamsComeTrue
スポンサーサイト

コメント

ごろー

ゴールデンなゴールデンウイークになったらいいっすねぇ。お抹茶なゴールデンウイークだとどうしよう、、、(笑)

僕の場合、春より秋の方が脆いこと多いかな、、、
まぁ小さいときからですけど。

■ごろーさん

>お抹茶なゴールデン

なんとなく金粉撒き散らされた抹茶な海・・・も微妙に気になる雰囲気ですよね(笑)


>僕の場合、春より秋の方が脆いこと多いかな、、、

そうですか^^
人それぞれなんですね。
姐の場合、秋に誕生日があるので(思い出せない位)遠い昔はワクワクしていましたが、最近はそれなりにブルーです。
でも、夏→秋って季節感が寂しくなっていくと思うんです。何となく街全体が、空気も夏のテンションを下げて落ち着いて・・・穏やかになっていく。それはそれで寂しげ~なのですが、だから、自分の周りにおこる様々なことも昇華しやすいのかもしれません。「秋だし」って。
それに対して春は、空気が温かくなって何となく街が華やいで芽吹いていく・・・だからこそ身のまわりに起きる悲しい、寂しい出来事とのバランスが上手くとれなっちゃうんだと思うのです。「春なのに」って。

この前、目覚ましTVでやってました。「春と言えば?」って。
街の回答は「出会いの季節 約60%」「別れの季節 約40%」でした。
姐にとってあまりにタイムリーなので、見入っちゃいました。自分では「絶対、別れの季節だっ!!」と思っていたので、マイノリティー側とは意外でした・・・。


とは言え、もう桜も散って終わりましたね、春も(早い??笑)!
ゴールデンが来て、お約束のゴールデン呆けになって、そして梅雨です。

季節のある国に住んでいて・・・やっぱり良かったな、って思っています。

マリナモドキーナ

私も都会で働いていた頃、泣けて泣けてしょうがない夜がたまーにありました。
そして、やっぱり、通勤電車で聞く音楽に励ましてもらってました。
今では通勤時間も短くなり、じっくり歌詞まで堪能して音楽を聞く時間もあまりないけれど、泣けて泣けてしょうがない夜もなくなりました(^-^)
もうすぐ<ゴールデンなウィーク>の始まりですねっ!
<泡付きゴールデン炭酸飲料>とともに楽しんでくださいっ☆

■マリナモドキーナさん

>私も都会で働いていた頃、泣けて泣けてしょうがない夜がたまーにありました。

マリナモドキーナにも、そんな夜がありましたかー。
“泣けて泣けてしょうがない”というフレーズとはちぐはぐな“たまーに”って言う書き方に、“今はもう平気!”っていう感じがこもっていて、何だかいい感じです。
気持ちが軽くなって、今を心地よく生活してる感が出てますね。


><泡付きゴールデン炭酸飲料>とともに楽しんでくださいっ☆

はいっ!
ゴールデンはゴールデン(泡付き)ではじけたいと思いますっ☆
では、後ほどにぃ~(笑)

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/117-8800f182
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。