Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 眩しい正義感

今朝、いつものとおりの通勤時間に自宅のある駅のエスカレータを上がっていた。
っと、姐の2人前にいた“イマドキ風♂”が突然エスカレータを早足であがったので、「電車きちゃった??」と思い、姐も少し早足であがった。

っと、電車の気配はない。

するとそのイマドキ風♂は、その前にいたやや小太りの別の♂の腕をつかみ、嫌がってる風の小太り♂をホームでひっぱるようにしていた。
イヤホンを外し、何か言いながら。


「・・・朝っぱらから喧嘩かよぉ~・・・。エスカレーターの順番??!」


なんて思いながらつられて早足しちゃった姐は、“ちっ”と思った。姐はMP3で“元ちとせ”を聴いていたので会話は聞こえなかった。


っと、そのイマドキ風♂が小太り♂をひっぱっていった先は、駅員さんのところ。
そして、その駅員さんも加わった♂3人組は、少し先の女の子に話しかけ、驚いた風で少し困った風の可愛い♀がとまどいながら、その輪の中でうなずいていた。


・・・ってところで、電車がきて姐は乗ってしまったのだけど。
あ、別におばちゃんみたいにジーッと見ていたわけではありません。姐がいつも乗るところのすぐ近くでの出来事だったのです。


電車が動き出してそのイマドキ風♂の顔がはっきりと見えた。

明らかに怒っていて憤りを感じてるイマドキくん。
“やっべ~”と思いながらもだらだらで薄笑いさえ浮かべてる小太り野郎。
“朝から面倒だな~”って風が感じられる駅員。
そして、可愛いギャル。


絵に描いたような正義感を久しぶりに見た気がした。
仕事でからむ人達が訴える“正当性”だったり、確かに正論な“こうあるべき論”というのは常日頃から接する事があるけれど、「純粋な正義感」というと・・・あるだろうか。
そもそも、“正義感”が仕事に必要だという気もしないし、
“俺様の正義感”で仕事されてもねぇ~という気もする。

ひょろっとしていて、よろっとしたTシャツにジーンズ。
今時の髪型をしてイヤホンで音楽を聴きながら、エスカレーターの先で起こった“あるまじき行為”に咄嗟に走り出し駅員に突き出した彼。


姐には何だか・・・眩しすぎる光景だった。
スポンサーサイト

コメント

おぢ3

(*^ー^)人(*^-^*)人(^ー^*)パチパチ!!
なかなかのイマドキ君ですね♪

久しくそういうシーンには出会ってませんね…
(そうそうあっても、こまりますが…笑)
おぢ3のバヤイそこまでの正義感は出せない鴨(爆)

何故って?そりゃシャイだからに決まってるでしょ!


思い出すなぁ、10年ほど前に新○沢の駅での出来ごと…
出勤時のホームでいつもの様に電車を待ってると
血相を変えて大学生と思しき兄ちゃんが階段を駆け下りてきた。
まだ電車来てないのに、とおもいつつ見ていると

その後を女子高生と駅員がチェイシングしてるのが見えた。

でも付近の人は、関わりたくないのか誰も捕まえない…
でもなぁ、飛び出して返り討ちにあったら嫌だなぁなんて
考えてる間にどんどん近づいてきたので、
すれ違う瞬間に手前の足のくるぶしをわずかに蹴り上げました。
予想通りその足と軸足がぶつかって、兄ちゃんは顔面スライディング!
あっ痛そう! でも、しょうがないよね、自業自得だよ....

そこに女子高生と駅員到着! で駅員さんに呼び止められましたが、
事情聴取してたら遅刻するしメンドウかなぁなんて考えがよぎったのと
無事捕まったから、いいかなんて思いもあって会釈をしながら
電車に乗って出勤しちゃいました。

ああなんて「カッコ良いんだろう」なんて自己満足に浸りながら電車の窓から外を見ると、
駅員と女子高生に囲まれて、うな垂れた兄ちゃんが見えました。|Д´)ジー

瞬間、電車に乗ったことを激しく後悔しました。

なんと、被害者と思しき女子高生の可愛いこと....|ω☆)キラーン

でも、無常に動き出す電車....一生の不覚!!
お知り合いになって、名前と℡を聞いておけば (/。\)
はぁ~、心の中で思いっきりため息をついたのは言うまでもありません。


いや~、良い話を聞いて、思いっきりデジャブーを見たおぢ3でした。(爆)

■おぢ3

 すっかりお返事が遅れました、ごめんなさい。
表の方がちょっと忙しかったもので(笑)


>すれ違う瞬間に手前の足のくるぶしをわずかに蹴り上げました。

 すごーい!その敏捷な動き、すごいですね。
姐だったら、自分が蹴り上げようとした足に絡まって転んでそうです・・・。


>なんと、被害者と思しき女子高生の可愛いこと....|ω☆)キラーン

 あらあら・・・。
確かに姐が目撃した今回の出来事の女子も、とっても可愛らしい子でした。
「あぁ、だから姐は大丈夫なんだな」と思わずにはいられない感じの(^^ゞ)


>いや~、良い話を聞いて、思いっきりデジャブーを見たおぢ3でした。(爆)

 こういう出会いって、名前もわからないからこそいつまでも記憶に残って
いるような・・・ でも、もしその後何かの縁に繋がるのならやっぱり、
逃すべきじゃないような・・・

 でも、いずれにしても結果論ですよね。
きっかけは何であれ、縁があれば、またその後もどこかで巡り合っているもの
なのかも。

 ってことで、諦めましょう(笑)

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/132-3f45e98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。