Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 十人十色とはよく言ったもの・・・

いろんな事が重なった結果、先々週から新しい派遣スタッフが2人来ている。
その派遣スタッフに引き継ぐスタッフ1人は8月いっぱいで終了、そしてもう1人が昨日で終了となった。つまり、今日から新しいスタッフ2人で本番に突入という状況。

2人とも姐が面接の時に「ぴぴぴ!」ときただけあって(自画自賛 笑)、よく出来る。

スタッフの入替えがある・・・ということは、スタッフの“辞める”という話を聞き受け入れ、そして引継ぎの様子を見、新しいスタッフの“面接”をして判断をし、迎え入れること。

スタッフの入替えって書くと一見たいしたことなさそうに見えるけど、その間には部長、既存スタッフ含め、いろんな人の話を聞き、自分の思いを伝え様々な人間模様が描かれる。

この何週間か、そんなことに翻弄され何だか余裕がなく、疲れていた。
これがこと書類一枚の仕事だったら“あたし、疲れてるからテキトーに”で済み後から取り返しがつくかもだけど(なんて事もあっちゃいけないけど^^ゞ)、これが『ひと』のことだから気が抜けない。

そんな怒涛の何週間かも日にち的にはひと段落(であって欲しい 笑)。
入れ替わったパズルの駒は揃い、それを上手に組み合わせていく段階にいる。


さて、この新しく入った2人、仕事の覚え方が見事に違う。



M子は

「自分がやってる仕事は全体のどの部分なのか」
「なぜ、これをするのか」

がわからないと進めない。ちょっと詰め込み気味だった引継ぎの途中、先週の金曜日、「自分の中で点が線にならないことが不安だ」と相談され、彼女はホロリと涙した。
2時間ほど話をし、再度、レクチャーをし、彼女のモヤモヤを取り除いた。
「ようやくやっていることの意味がわかりました!」と言って、マニュアルを見ながら確実にこなしていく。


一方、M代は

「理由はともあれやってみる」
「やってみてから“そういう事なのね~”と納得できればいい」

タイプ。「なーんとなくしか理解できてないんですけど、とりあえず、これをやってみればいいんですよね!!」と言って仕事をする。ちょっと危なっかしいので、最初は“必ず見せるように”という前提で、好きなようにやらせてみる。「ここはこうだよ」と言うたびに「なるほど!」と納得して吸収していく。



会社にとって重要なプロダクトの担当が、結果的に総入れ替えとなり姐も久しぶりに現場仕事をやっているのだけど、そんな時期もあとわずかだろう。
2人を見ていると、それぞれがどんな風に成長してくれるのか楽しみに思える。

派遣スタッフの引継ぎが終わった後は、この2人を生かすも殺すも姐次第。
2人が働きやすく、そして2人を迎え入れた既存スタッフが今までどおり気分よく働ける職場環境を維持できるよう1人1人に目を配っていきたい。



この2人の進捗状況を部長に報告すると、部長からこんな返信をいただいた。
この2人とは別に、今1人、困った部下を抱えている。

===
<前略>
日々の業務に関する指導については、これまでどおり細かく、いたらないところは、びしびしかつ率直に話をしてください。 私たち指導者の責務は、優れた人材をより高みに引き上げてあげることも重要ですが、これはできて当然なのです。より重要なことは、マイナスの人材をまずはゼロまでもっていくこと、さらにはプラスに転じる人材に育ててゆくことです。 言うは簡単ですが、大変難しいことです。
===

部長が姐に期待していること、教えようとしていることが伝わってくる。
姐は、その困った部下に四苦八苦しているのだけど、部長が姐も部下の一人として目を配ってくださっているのがわかる。
ありがたいことだな、と思う。



先日、取引先の方から接待され、お礼のメールを書くと、その返信にこんな言葉を頂いた。

===
<前略>
最善の努力で取り組んでいますが、打ち合わせでもお話をしたとおり、最後は『ひと』です。時に、ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれませんが、時間を惜しまずに対策して参ります。忌憚のない、ご意見を下さい。目の行き届かないときもあるかもしれませんので、目に余るときには、直接、ご連絡下さい。
===

IT業界という、ともすれば「答えは1か0か」「話すよりメール」、な文化の中にいるとその答えを出しているのはコンピュータでもネットワークでもなく、実は『ひと』なんだということを忘れてる人達と接することが多い。そんな中で、これから新規ビジネスを始めていく取引先の部長さんのこの言葉は、とても新鮮で素直に嬉しかった。
確かにその方は、人を動かす魅力を持っている人だった。



色々な人間関係に悩み、ぶつかり、時には何もかもが面倒になって“一人にさせてーっ!!”と思う事もあるけれど、それでも姐は『ひと』が好きだと改めて感じた。

いろんな人との出会いを楽しめる余裕が、少しだけ出てきた証拠なのかもしれない。
焦らずにいこう。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/137-b0160e29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。