Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 口をついて出た言葉は・・・

先週のことだ。

半期決算でものすごく大変な思いをしてやっつけた案件が監査的に認められず修正する方向になるということがあった。

大きな話なのであまり詳細は書けないが、お客様合意、且つ、会社からトップダウンな形でそれを達成させること・・・がその時の使命だった。
運悪く、仕事上でも色ん~なことが重なり、また、姐自身も十二指腸潰瘍を患って辛い時期だった。それでも、部下含め皆、文句ひとつ言わず無事やってのけたあの案件。


監査が入っている時から、それに注目がいっていて全ての書類を提出させられ、色々な質問を受けた。それでも、姐は、間違っていると思ってなかったし、細かい部分も確認をしながら進めてきたその処理に自信をもっていた。姐が“間違っていない”と思っていたのは、姐自身の判断でもあるし、姐に指示をくだす部長なり会社なりの判断を信じていた、ということでもある。



そして、先週のある日、部長が言った。

「あの案件、やっぱり修正させられるんだって」

姐は知っていた。
姐以上に、部長は監査法人に色々説明し、頑張って説得し続けぐったりしていたことを。でも最終的には経営企画本部という別の財務を預かる部署が、監査法人と決断をくだす。

部長だって、くやしかったと思う。
だけど・・・その“xxxなんだって”という他人事な物言いにカチンときてしまった。姐以上に大変な思いをして頑張ってくれた部下の前で、その言い方は何?と思ってしまった。

そして、口をついて出た言葉・・・。



「誰の判断が間違っていたんですか?」



・・・言うべきじゃなかった、と思う。
会社では、仕事では、そんなことはよくあること。仮に誰かの判断が間違っていたとしても、その“誰か”を突き詰めて、そして責めたところでナンになる?と思ってる。

ただ、ものすごく寂しかった。
そして、素直に「そんな他人事みたいに、寂しいこと言わないで下さい」って言えなかった代わりに出た言葉は・・・まるで犯人探しだった。
言った姐も後味がものすごく悪くなる言葉だった。


部長はその時、なんて言ったんだろう。覚えていない。
ただ、なんとなくはぐらかすような・・・“ちょっと耳に入れておくね”程度なテンションで姐のところに来て、姐が珍しく食ってかかるような対応をしたので、うやむやな感じで席に戻られたんだろうと思う。
姐は、姐の席の周りの空気が少しだけ凍りついたことには・・・気づいていた。


その日の夜、部長から一通のメールが届いた。
そこには「誰も判断は間違っていなかったと思っている」ということ、それと共に「社員の努力を一部でも無にするようなことになったことは事実」「判断のあまさがあったという点については反省し、今後の対応に真摯に反映させたい」という旨のことが書いてあった。


胸が痛い。
全部、全部、わかっていることだ。
部長がそう思ってくれていることも、わかっていたこと・・・

姐は部長を傷つけたと思う。
人の心の痛い部分にわざわざ爪を立てるようなことをしてしまった。


あれからも今までとなんら変わらずにお互い仕事をしている。
まるで何もなかったかのように。

だけど、姐は、今も尚、メールの返事を書けずにいる。
(小さいなぁ・・・姐。)

部長はすぐにメールを書いてくれた。
部長があの時、感情としてどう思ったかはわからない。だけど、姐に自分の立場として言うべきこと、そして姐の気持ちを慮ってのこと、ちゃんと伝えてくれたのに。
(さすがだなぁ・・・部長。)


もう少ししたら、部長を飲みに誘おうと思う。
文章じゃなくて、ちゃんと言葉で伝えようと思う。今度こそ、素直に。
「言いすぎました、ごめんなさい」って。

単純な案件取り消しの悔しさと、自分の小ささと、部長の優しさと・・・何だか色んな感情がごちゃまぜになって、今はうまく話せそうにない。泣きそう(更に小っちゃ!!)。

仕事では絶対に涙を見せない、と決めている姐。
落ち着いたら、部長を飲みに誘おうと思う。


仕事では、いつでもクールでシビアに・・・と思っているし、実際キッツい事も言う姐だけど、今回ばかりは仕事人である前に、人として反省しきりな姐です・・・・。
スポンサーサイト

コメント

HOTA

自分もたまに上司にカチンときて思うがままに意見を言う時があります。
多分、上司の事情もあったとは思うのですが「カチン」と来た時はしょうがないですね。人間なんだもの。
でもその後のフォローは大切だと思います。言ってしまった事は言ってしまった事。後で反省したならば素直にその事を伝えるべきだと思うので姐さんのやろうとしている事は正解だと思います。
素直に上司と(人と)接する事は人間関係を潤滑にする為には必須だと思います。素直な気持ち大切にネ!
ま、姐さんの人望の厚さを見ればそんな事言わなくても大丈夫なのは判るけどね!v-392

■HOTAちゃん

>多分、上司の事情もあったとは思うのですが「カチン」と来た時はしょうがないですね。人間なんだもの。

そうですね。
以前、そのことを部長が姐に言ってくれたことがありました。


>言ってしまった事は言ってしまった事。後で反省したならば素直にその事を伝えるべき

そうですよね!
今ちょっと部長が風邪気味みたいなので、頃合いを見計らって・・と思っているところです。
ちゃんと素直に伝えようと思ってます。


>素直な気持ち大切にネ!

ありがとうです!!
姐が謝ったとしても、その結果相手がどう思うかは、相手にしかわらないと思うのです。「何だよ、今更!」って思うのかもしれないし、もしかしたら全く気にもしてなかったかもしれない。
でも、姐が今、謝りたいと思っている気持ちは、伝えたいな~と思って。

時にこういうのを“自分の気持ちの押し付け”っていう場合もあると思うのです。だけど、職場というある種特異な人間関係を築いていかなくてはならない空間の中では、「言わなくてもわかってくれるだろう」っていうのを期待すべきじゃないと思うんですね。
姐が常々、自分の部下に対しても思うことでもあるのだけど。

部長と乾杯ができたら、報告しますね!^^

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/139-6096b383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。