Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 出身会社はどこですか?

今日、出社する途中で、偶然にも前に勤めていた会社の先輩に会った。同じ路線に住んでいて、毎年年賀状のやりとりはするものの、会ったのは本当に久しぶり。


姐がたまたま立っていた電車の扉から乗ってきた先輩。
「○○さん」と声をかけて腕をつかまえた。

「おぉっっ!!!!」

と驚きながら、予想通りのリアクション。
姐は昔からこのリアクションが大好きだった^^


1年上のその先輩は新入社員で入ってきた姐に、
「・・・なんだぞ(やや得意げな感じ)。わかるか??」と言いながら仕事の説明をしてくれ、
「いいか、これ絶対すげーんだ!」と姐に企画商品を力説の後、上司に提案しては「コストを考えろ」と却下されていた。

「いいだろぉ~・・・お前、これ見ろよ(自分でうっとり)」と姐が興味あろうとなかろうと先輩自慢の服を見せびらかし、
「よし、行くか!」とどんな時でも声をかければ飲みに連れて行ってくれた。

「まーったく嫌んなっちゃうよな!」と後輩の姐の前で格好もつけずに言いながら煙草をふかす。
「ほんとっすよね~!!ま、飲みましょうよ^^」と先輩を励ます言葉をもたない稚拙な姐に
「お前、いいやつだな~。くーーーっ!!!」と言ってくれ、そして乾杯をした。

思えば、まだ“ぺーぺー”の立場で、仕事と言ってもそんな毎日の繰り返しだったのかもしれない。

ほんの30分の間に、自分のもってる懐かしい人達のネタを披露しあい、私達はあの時に戻れた気がした。


現在の仕事のことを先輩に聞かれて姐は言った。
「う~ん、何ていうんですかねぇ・・・。どれが私の本当の仕事なんだろ・・って感じ?!人間関係にも恵まれてるし、働きやすいんですけどねぇ。」と。

姐に聞かれて先輩は言った。
「う~ん、もういいかなって感じかねぇ。アジアの拠点は俺の統括なんだけどな。」と。


そして、またお互いの現実へと向って行った。
先輩と姐は同じ「マネージャー」という役職になっていた。
先輩はきっと「お前、コストを考えろよ」と部下に言い、
そして姐は「・・・なのね。わかるかな?」と部下に話をする。


学生が社会人になるとき「出身校はどこですか?」と聞かれ、(いい悪いは別にして^^;)その学校の名前で評価されたりすることがある。有名大学を出た人や、大学院を出た人は、心なしか胸を張って学校名を言ったりして。春は、そんな場面を時々見かける。

姐は学校自慢は出来ないけど(^^;)、「出身会社はどこですか?」と聞かれたならば、先輩と姐が卒業したあの会社の名前を、堂々と胸をはって言いたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/21-b7390e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。