Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 「「さよなら」が知ってるたくさんのこと」 唯川 恵

以前の記事にも書いたけど、姐は本を読むのが、活字を読むのが好きだ。
バックには読む・読まないにかかわらず、必ずと言ってよいほど本が入ってる♪

ちょっと疲れてるとき、自分の生活が込み入ってるとき、余裕がないとき、そんな時は軽い恋愛モノや短編集、もしくはエッセイを好んで読む。


若い頃は、

「エッセイってその人の考えでしょ?!私には私の考えがあるから。」

なんてエラソーに思ってたけど、それは今思えば、人の意見やその人の思いを聞いて受け止める余裕もなかったっつー話で(^^;)、20代も半ばを過ぎて“生きてくって大変なのねぇ~っ”と少しばかり気づいた頃から、エッセイを読むのも好きになった。

基本的には、小説を先によんで、その小説に感銘を受けることが出来たら、その筆者に興味をもつ・・・という感じ。


ちょっと前に、唯川 恵さんのエッセイを読んだ。正直なところ、全体の7割は残念ながら、姐の琴線に触れる(←これテーマだからね!^^)ことはなかったのだけど、1つ無視してとおれないテーマがあった(笑)


彼女のこの本の中のコラムの1つ。
「男について、少しだけわかったこと」というエッセイ。
その1~その8まで書いてある。そのうちの7つは「ふぅ~ん」だったり「そうかねぇ・・・」だったり「ありがち」だったりしたのだけど、その中の1つが・・・琴線に触れた!


- その7 藁をもつかむ思いでつかんだものは、絶対に藁だ

「「さよなら」が知ってるたくさんのこと」唯川 恵
新潮文庫 平成13年初版発行


この「絶対に」と言う部分はちょっとどうかな~とは思うけど・・・・・
藁をもつかむ思いでつかんだものは・・・しょせん藁かもしれないこともあるかもしれない覚悟があるならつかんでもいいかもしれないけど、でも藁だよ・・・・くらいかな^^;;;;


でもでも、その藁に救われることがあるのも事実です。
沈没するまでのわずかな時間、藁のお陰で空気を吸えたのも事実です。

・・・・あまり深くは語るまい(笑)


そして、姐も誰かの藁だったことがあるかも・・・と思ったりするのです、はい、もちろん。
それでも、姐が藁になった日々があったことで、今は幸せになっていて欲しいと願うばかりです*^^*
スポンサーサイト

コメント

ju

藁 わらわら


「藁をもつかむ思いで掴んだものは藁だ」

姐さんの文章を何度も読み返し考えてしまった・・・

だって、あたいその藁を「綱」に変えようとか、藁なら藁の良さを見つければいいし、悪いことを良いことに変えようと努力して生きている。所詮、藁として役立たずと判断したらポイだ!って考えていたので、藁の意味が理解できなかった。

でも寝る前にもう1回考えて、そういえば藁にすがった選択肢はいくつかありにはあったなと。。
そうかあれは藁だったな。

じゃ あたいは藁になったことはあるだろうか?

今まで、そんなこと全く考えたことがなかったので頭の中が、

藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁藁

笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑

大変なことになりました。


Actual Entry : 2005/06/03(金) 19:39:35

笑笑笑笑笑笑♪


唯川 恵さんのこの格言(?)
「藁をもつかむ思いでつかんだものは、絶対に藁だ」
には実は続きがあるの。

- 苦しみにもがく時、人は必死に何かにすがろうとするものです。(中略)けれど、そういう時につかむ男はたいていスカです。 いっそのこと溺れてしまいましょう。溺れて、自分の力で這い上がる。両目をぱっちりと開いて。(後略)


 姐は、あれは確かに藁だった・・・かもしれないかもしれないような気がするかもしれないかも・・・と思うこともあるようなないような・・でも無きにしも非ずみたいな風(まわりくどいって!!笑)な出会いが無かったとは言わないけど、じゃぁそれが「スカ」だったか、というと決してそうではなかったと思ってるのだ。

 関係を長く続けることが出来なかったのは、相手が藁だったからじゃなくて、姐が「藁をもすがる思い」だったから、きっと^^ そう、藁を「綱」に変えることが出来なかったんだよね。

藁を綱に変える力があったなら、いっそのこと溺れる力も勇気もあったでしょう。

それが「絶対に」と姐が言い切れないとこです。


Actual Entry : 2005/06/03(金) 22:23:52

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/31-ccd514a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。