Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 家族で過ごすクリスマス

「一番印象に残っているクリスマスは?」と聞かれたら、「25才のクリスマス」と答えるだろう。

「東京タワーの見えるホテルに部屋を取り、2人でケーキを食べたあの日」

・・・なぁ~んて言ってみたいけれど、(自慢じゃないが)そういうクリスマスを姐にプレゼントしてくれた♂は未だかつていない。じゃぁ、姐が望んだことがあるのか?と聞かれたら、望んだこともないのだけれど(笑)


25才のクリスマス。

姐は、子供の時からちゃんと「イベント」をやる家庭で育ったので、いわゆる反抗期だったり思春期だったりでも、クリスマスをやってきた。やがて、恋愛をし、17才の時からは♂と過ごすようになったクリスマス。手作りのプレゼントだったり、ケーキだったり、レストランで食事だったり、彼の部屋だったり。今思い出すとハニカミたくなっちゃうような、甘いクリスマス。今思い出しても反省しちゃうような、喧嘩で終わったクリスマス・・・


そんな姐だったのだけど、24才の時に当時の彼にフラれ、独りになった。
(正確には独り・・・ではなくって、クリスマスは一緒に過ごせない相手と付き合っていたのだけど。だけど、クリスマスに一緒に過ごせないことはさほど重要ではなかったな、当時の姐にとって。うーん・・・この話は後日、また^^ゞ)


一人ぼっちのクリスマス。

「そうそう、女友達と過ごそーっと♪♪」

・・・・と、気付くと皆、彼氏だったり友達以上恋人未満だったり・・・まぁともかく、一緒に過ごす♂がいたんだな、これが。


「ひとりかー・・・・」

今と違って“ひとりで過ごす”ということの価値や、それ自体を楽しむ余裕なんてない20代半ば。何となくクリスマスの話題は避けてとおる日々。全くもって姐をフッた♂に未練たらたら忘れられずにいた姐は、“街のイルミネーション”はもちろん“JR東海のCM”や“赤と緑のカラーコーディネイト”からも眼をそらして過ごしていた。

「どうしよー、どうしよー・・・・」


そんなある日、姐ママがさりげなく聞いてきた。

「クリスマス、今年はどうするの?」

「別に・・・予定もないけど。」(聞くなよっ)

「じゃぁ、ご飯でも食べに行く?」

「別に・・・いいけど。」(ひとりよりはマシか。)


そして、25才のクリスマスイブ・・・

地元にある百貨店の最上階にある“回るレストラン”の窓側の席で、姐と姐ママ・姐パパは3人でフレンチを食べていた。何を話したのかは全く覚えていない。ただ、お天気のよい日で日が落ちた後に色が変わっていく空と目線を同じにしながら、「美味しいね~」なんて他愛のない会話。
鮮やかにイルミネーションを煌めかせていくデパート群、眼下には駅に群がる人達が見えた。
姐に気を使ってか単にフレンチが嬉しかったのか、姐ママ・姐パパは満足そうな笑顔をしていたのを覚えている。

「こんなクリスマスも悪くないな」

心からそう思った。


「クリスマスで覚えているのは?」と聞かれたら、はっきり答えられるのは、この25才のクリスマスだけな気がする(あ~・・・一緒に過ごしてくれた♂の皆さん、ごめんなさい。忘れちゃった訳じゃなくて~、どれがいつのだかわからないだけっす 笑)。ただただ、温かい思い出。


さて、今年のクリスマス。
昼間に用事があって実家に帰ると、おばあちゃんが来ていた。
姐ママは、姐が来るから・・と言って丸いケーキを買っていた(イベント好きはこの血です)。

炬燵に入って、おばあちゃん(姐婆?)と姐ママ、4月に嫁ぐ妹と♀4人でケーキを囲む。
おばあちゃんは蝋燭を消す前に、手を合せていた・・・・・違うからーっ(笑)

姐ママが「このサンタの人形食べれるの?って毎年聞くのよ。見てなさい・・・」という。
そして、おばあちゃんはサンタの人形をフォークでつつきながら・・・

「○○ちゃん(姐)このサンタは食べれるのかい?」(笑)


今年のクリスマスも、きっと忘れないだろう


Merry Christmas to everyone who I love !!
スポンサーサイト

コメント

ちえぎんぽ

とっても羨ましい~お話でした(o^_^o)
私の一番印象に残ってるクリスマスは女友達3人で銀座で湯豆腐食べたクリスマスです^^;
ところで・・・毛蟹、結婚するんですかっ!?
これまた羨ましい~(oi-i)o ←悔し泣き。

温かいね~*^^* そういうの、いいよね~

なんだろね?何か、その瞬間はそうでもないのに、後からこうして思い出すとすっごーい覚えてたりして。これといって“どっ”ってことなかったりしてたはずなのに、ね^^


>ところで・・・毛蟹、結婚するんですかっ!?

あっ・・・それはいつか本人に^_-☆

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://anelog.blog12.fc2.com/tb.php/94-5876312d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。