Grumbling of ane's mind

はぁ~・・・とため息をつくような心のボヤキをありのままに。姐の裏側を少し(笑)

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ こちらこそ、よろしくね

先日ここで、姐の部下が辞めるという話を書いた。
彼女は8月末までで、未だ後任が決まっていない。

彼女がメイン担当している主な仕事のうちの2つに、大きな変更が加わることがわかっている。
それも9月から。
姐は、出来る事なら現状を引継いでもらった上での移行を目論んでいたが、どうやらタイミング的にはかないそうもない。

実は実は、気分的にはとても焦っているし、“どーしたもんかなー”と考えあぐねている。
が、駒が無いものを動かすことも出来ないし、今の状態を優先し、“とりあえず”での人選は後でシンドイのが目に見えてるため、妥協もしたくない。
日にちばかりが過ぎていく。
手元にあるキャリアシートが2つ。この中に、運命の出会いがあれば・・・と心から祈る。



そんな中。

かれこれ2年半になろうかという派遣スタッフMの社員登用が決まった。
姐にとって、このことは本当に嬉しく、心強く、姐に“彼女のためにも頑張ろう”と思わせてくれる出来事だ。



彼女との面接はとても印象的だった。
今、結果として彼女が社員になり、今後長い付き合いをしていくかもしれないのだとしたら、まさしく“運命の出会い”と言えるかもしれないとすら思う。



面接の時、キャリアシートに何年かのブランクがあったため、その間の経歴を確認した。

姐「この間は何をされていましたか?差し支えなければ教えて下さい」

M「えっと・・・。あの、私、離婚したんですね。インドネシアでインドネシア人と結婚していたんですけど、そういうことがあって色々大変で・・。あ、すみません、個人的なことで(笑) ただ、それをちゃんとお伝えするのが一番わかっていただけるかと思いまして。」

B型の彼女、笑いながらそういう顔が印象的だった。
姐には“ぴぴぴ”ときた。

ちなみに。
姐はB型の♀とは気が合う(笑)



その彼女が引継ぎを終え、独り立ちした2ヶ月後位だったと思う。
夜、2人で残業をしていると・・・というよりは、彼女の残業に姐が付き合っていると、突然、彼女が言った。
GWだったのを覚えている。
姐は、その夜から伊豆に行く予定で、何度も友達から電話が入り待たせていた。

M「○○さん、私、この仕事やっていく自信がありません。私でも出来るのでしょうか。」

思いつめた表情だった。
確かに彼女が担当することになったその仕事は、50~100あるアイテムの棚卸という部分で、全体の流れや状況が把握できないと先に進まなくなる仕事だった。
姐は一瞬「今から話か・・・(>_<)」と躊躇したが、彼女のその真剣な表情を見た時、「週明けにしようね」とは言えなかった。ちゃんと話してあげなくては。
心の中で友達に再度“ごめんね”を言い、姐は彼女と向き合った。

慌てなくていいこと、前任者の誰もが時間がかかって覚えていった事であること、今は出来なくて当たり前だということ、そして、「8月、そうだなー、お盆休みの頃にもう一度話してみようよ。それまでは自信あるとか、ないとかじゃなくて、自分なりに頑張ってみて。わかるまで何度でも教えるからね。」と言って、納得させた。

もちろん、8月になる頃にはその業務を軽くこなし、今では棚卸が楽しいと言い、1日で片付ける自分に酔っている・・・自称「棚卸の天才」だそうな(笑)うふふ。
この時の話は、今でも笑い話であり、そして姐が色々な派遣スタッフに話をしてきたことだ。
「焦らないで、皆、そうだったのよ、あのMも」と。



そしてちょうど一年前の今ごろ、2日ほどお休みを取り、ちょっと体調を崩し気味かな?と思っていた矢先、彼女から夜、メールが届いた。
あの瞬間をはっきりと覚えている。
「心療内科に通っていて、うつ病だと診断されました。本当に申し訳ないのですが、もう1日お休みを下さい。いつか必ず治って、仕事でお返ししたいと思っています。」
「自分の存在価値がわからない、不安で不安でしょうがない。」
と書いてあった。

姐の隣の席で、お薬の影響か、つらそうにしている彼女。
遅れてくることも、早退することも、全て受け入れた。
部長は知らないことになっているが、もちろん姐から報告をし、姐に全てが任されていた。



やがて、学生時代にやっていたカメラを、ひょんな事から再開することで「写真を撮ること」と出会った彼女は、写真に打ち込みながら、笑顔を取り戻し、今は活き活きと仕事の話をし、写真の話をし、彼氏の話をする。
彼女を見ていると、人それぞれ本人が持っている“力”というものを感じずにはいられない。

彼女はとても繊細だ。
でも、繊細なまま、彼女らしく仕事をしてくれればいいと思っている。
繊細な心は“弱さ”とは違うと姐は思っているから。



この3月に社員が一人退職する時に、姐は現派遣スタッフの社員登用の可能性を密かに探っていて、動き始めていた。そして、この9月、ようやく実現だ。
彼女に意向を確認し、「社員、嬉しいです!」という言葉を聞いてから半年、その意思が変わらなくて本当に良かったと思う。



この社員登用にあたって、彼女が履歴書を書くとき、メールが来た。
「特技とか“棚卸”って書いてもいいですかー?(笑)自己アピールが沢山ありすぎて、進まないんですぅ~。書きたいことがいっぱいです!」と。思わず微笑んだ。

面接を終えて、彼女が言った。
「“業務って楽しいんでしょ?楽しそうだよね、みんな”って人事が言うんですけど、“楽しいだけじゃないっ!”って力説してきました」と。「よく言ったっ!」と誉めてあげた(^^)

面接の結果が部長不在時に、部長と姐宛にメールで通知された。
姐は部長に「本人には“私は知らされない”って言ってあるので、部長から伝えてください」と休暇前にメールをしておいた。
やっぱり、“社員としての採用”だもの、部長からきちんと伝えてあげて欲しいと思った。
彼女にとっても、振り返れば立派に“岐路”にあたる場面だと思うから。

そして、姐が休暇中のその日、メールが届いた。
「採用になりました!!××部長から“よろしくね”って言われました!!!(^^)
○○さん(姐)、これからもよろしくお願いします」と。
彼女が喜んでいる顔が目に浮かび、姐は海を見ながら「頑張らなくちゃな、姐も」と思った。



昔、昔、中学生の頃、ブラスバンド部の部長をやっていた。
多感な女子部員が多い中、今思えば子供なりに色んな問題があった。
まぁ、くだらない派閥だったり、ちょっとした練習拒否だったり・・・何かは覚えていないけど、そんなものだろう。

ただ、そのサナカで自分がこう思っていたことだけは、はっきりと覚えている。

「私は、全員が付いてきてくれなくても、誰かひとりでも付いていくって言ってくれる部員がいたら、その子のために頑張る。」



ここしばらく人の入れ替わりが続き、モチベーションも下がりまくりの姐だったけど、久しぶりに遠い昔のそんな気持ちを思い出した。
そうだった、そんな風に思って頑張っていたこともあったよな。


そうは思っていても何が起こるかわからない事をすっかり学習している姐だけど、9月からは彼女と頑張っていこうと思う。
何となく・・・・独りじゃなくなる安堵感を感じている姐である。

■ 潰れそう・・・

またひとり部下が辞めることに。
姐が信頼をおき、仕事が出来ることでは他部署からも認められている彼女・・・Sちゃん。
部の中では2トップのうちの1人だ。

あぁ・・・・ショック。
ショック、ショック、ショック・・・・

ショックっていうのは、姐個人としての“寂しさ”や“悲しさ”もあるのだけど、それよりも担当してもらっている仕事を、別のスタッフで再構築しなくちゃいけないっていうことだ。
マネージャーという立場では、部の中に存在しているいくつものプロジェクトや、チームを、いかに問題なく運営していけるかという事を常に考えなければならず、今はいくつか不安定な要素を含むプロジェクトやチームを抱えている。それは人そのものの能力の問題だったり、プロジェクトそのものの複雑さや煩雑さだったり。

その中でも“一番安心して任せておける”仕事をしてくれていた彼女。
「アレとアレは彼女に任せておけば、まずは安心」と思いながら、他の事に姐は注力できていた。

それらが崩れるかもしれない、という不安。
そして、半期決算もやってくる。

あぁ~・・・・・・・・・・・・・・・
いつになく、ため息。


お年頃の女子が多く、派遣スタッフが半分を占める姐の部署では、人の入れ替わりには慣れている。
だけど・・・いや~、今回のは、マジきついっすよ。

これから考えなくちゃならないこと、乗り越えなくちゃならないことが、既にいくつも見えている。


スタッフの入れ替わりのたびに、新しい風が吹き、部署全体としてまとまるには時間がかかる。それぞれが自分の担当を、自分の仕事に集中して出来るようになるまでに、引継ぎだの何だの、時間がかかる。
我ら事務方は特に、だ。決まりごとがものすごく沢山あるからしょうがない。

そして新しい部署として生まれ変わるその前に、また人が入れ替わる。
生まれ変わってないから、全体が不安定で働きづらいと思うんだろうな。
“今までスムーズだったこと”がそうじゃなくなる。やがて、それはまた“スムーズに”出来るようになるのだけど、必ず。
だけど、時間がかかる。

姐の経験値では、慌てて急かして「見かけだけは安定」にするよりも、それぞれが自分のやるべきことを“自分の仕事”として身につけるまで、時間がかかっても待つ、育てるっていう方法を取ってきた。個々が自分の足で立てるようになれば、自然に部署はまとまるんだ。


だけど、そうじゃないのかな~・・・なんて最近、思う。


もう一人、赤ちゃんが出来て辞める予定の子がいる。
彼女もちょっと気になってる。

社員の中にも一人、問題があると思っている子がいる。
彼女、何とかしないとなぁ・・・。


今回はちょっと危機的状況に陥るかもなぁ~・・・・
アレとアレ、まわらなくなるような気がする・・・


ふぅ~・・・・姐が潰されそうじゃ・・・

■ 株主総会

会社の株主総会での司会。
うーんと、これで多分3回目位。
去年はサイパンに行っていて逃れられたのに~・・・今年は計画もなく大人しくしてるもんだから、月の初めに

「○○さん、今年は日本にいる?」

ってさりげなく聞かれて

「いますよ~」

ってうっかり。
・・・・相手も毎年のことだものね、さるものですわ。逃げられなかった(笑)


姐はほっておけば、死ぬまでしゃべってるタイプだけど、注目に弱い。
ほんっとに、ダメ。
飲み会の乾杯の挨拶とかも、ほんと嫌。
会社では何となくそういう立場になってしまうこともあるので、さっさと幹事奪って誰かに挨拶させたしりて。

そんな姐が、司会( -_-)
前の日から緊張しちゃってなんだか眠れない。
朝もいつもより早いし、スーツ着て、ヒール履いて、お化粧ばっちりして(でも地味目)、髪の毛もちょっとドライヤーで伸ばしてみたりして。
株主総会の司会なんざ誰も見ていないってわかっちゃいるけど、一応ね。
株主の皆様も何十人もいないけど、一応ね。


原稿は事前に渡されていて&リハもやる。
「総議決件数」なんて言葉、一生のうちにこの時しか絶対言わない(笑)
「議決権行使書を含む総議決件数は」なんて早口言葉だってっ!(汗)


始る前に何度か読む。
とは言っても姐が話すのは、5箇所くらい。
ただ、大事な数字を報告する場面だけは絶対にミスは許されない・・・
声の高さやスピードをまわりの人に聞いてもらったりしながら、何度か練習。
ようやく噛まずに言えるようになった頃、始った。


「本日は・・・・」


・・・何故かマイクの声が割れる・・・・

“なんでだよ、美声が台無しじゃん( -_-)”

練習の時とマイクの位置、変えてないのに。
かと言って、この雰囲気の中、マイクの調整だのやり直しなんて絶対許されない雰囲気・・・。

“えーい、続けちゃえっ!!”


この思い切りがよかったのか、肝心な「ギケツケンコウシショヲフクムソウギケツケンスウハ」も間違いなく言えた♪(しかもマイクは直った・・・・何なんだ?!)

一人遊び風ではあるけれど、何となく打上げたい気分(笑)


っていうか・・・どうして姐なのか、全くわからん。
もっと若くて背が高くて見栄えがよくてちゃんとしゃべれそうな子、他にいるじゃーん!!もう、この役、引退させて欲しいっす!!

■ 定年退職の日

先週31日に、他部署の部長から接待要員に指名され、のこのこと行ってきた。
もちろん、「八重洲で寿司」に惹かれて(笑)


というのもあるけれど、この部長が6月半ばに定年されることになっていて、あまり仕事上でのお付き合いは深くなかったものの同じ製品プロジェクトにいたこともあって、せっかくの機会なので・・・と、姐的には部長とゆっくり飲むのも最後だろうという気持ちで参加させてもらった。


お昼休みに小さな花を買いに行った。
あまり大げさにならないように、内輪盛り上がりなんて相手の会社の方に失礼の無いように、箱に入れてリボンをするタイプの小さな箱に入ったお花を買った。帰りにこっそり渡せればいいかなと思っていた。


午後、女子トイレで部長の部署の♀に会うと、大きなお花を抱えてる。
なんと・・・部長はその日が最終出社日だった。

そんな大事な日に・・・姐が行ってもいいのかな・・・と戸惑いを覚えつつドタキャンも出来ない。
そうこうしているうちに、定時が来て部長は皆の前に呼ばれ挨拶をし、その大きな花束をもらった。
姐は遠くから拍手をして送ったのだけど、何となく・・・複雑な気持ちだった。

「こんな大事な日に・・・・」

そう思うのには訳がある。

姐パパが定年を迎えたその日、姐パパは家族の誰にも言わずに仕事に出かけ、そして会社の同僚と飲んで帰ってきた。姐パパが「早期定年」を選択したことは知っていたけれど、その当日、家族に言わずに出かけた父。
私達を育てるために転職もせず一社で働きとおした父の最後の日に、「ご苦労様でした」と家族で言えなかったことが、姐にはものすごく悲しく、寂しく・・・そして悔やまれてならない。
姐パパが言わずに行ったのだから、姐パパの気持ちを尊重しているけれど・・・。このことについては姐パパと話したことがない。だけど、今こうして一企業でサラリーマンとして働く姐は、“定年”の裏に見えるその人の、仕事人としての人生やその重さを感じることが多く、軽い気持ちで“定年”のことを考えられない。


部長の接待相手(ちなみに我らがされる方)は部長がうちの会社に来る前に長年働いていた会社。
部長はうちの会社から姐だけに声をかけていたらしい(それも当日知ったのだけど)。

お寿司屋さんには現地集合だった。
月末ということもあって、少しだけ遅れて到着。名刺交換をしながらお話を聞くと、なんと相手の会社の方々も、その話をその場で聞いたらしく、驚いていた。


姐と言えども少々気を遣いながら、美味しいお刺身とお酒をいただく。

部長は相手の方とうちの会社について話し始めた。部長が感じてきたこと、やり遂げたこと、やり遂げられなかった事。60才前後のその人達が話す言葉は含蓄があって、姐の中にすっと入ってくる感じだった。
何だか・・・居心地がよかった。
姐は少しだけお酒の力も借りて部長に聞いた。

「○○さんは、そんな立派な会社でずっとお仕事された後、うちの会社に2年いて・・・そして定年前の最後の2年をうちの会社で過ごして・・・どうだったのですか?」

部長は言った。

「そうだねぇ・・・。楽しかったよ。2年短かったけど、あの会社で仕事が出来て楽しかった。うん」

それを聞いた時、不覚にも涙が出た・・・・。
「いけないっ!」と思って何かしゃべろうと、

「○○さんがそう思ってくれたのなら・・・あの・・・・楽しかったって・・・・あの・・・よかったぁ・・・よかったですぅ・・・」

惨敗(笑)恥かしいなぁ、もう。
泣くとは思ってなかったので自分でもびっくり。
だけど、何だか・・・胸がいっぱいになっちゃった姐だった。


3時間位でお開きに。
お店を出て東京駅に向う。

信号を渡ったところで、部長にお花の入った紙袋を渡した。
普段からすごくシャイでいいお父さん風の部長は、すごく喜んでくれ、意外にも「○○~」と姐を抱きしめるパフォーマンス。
酔ったオヤジとOL(←一応、姐)、それを微笑みながら見守るこれまた酔ったオヤジ in 八重洲(渋っ)。
部長の唇が耳に触れた気がしたけど、まぁ、気づかなかった事にしよう(笑)



2-3日経って、部長からメールが来た。
そのメールには、

「帰り際、道での贈り物、胸が張り裂けんばかりに嬉しかった」

と書いてあった。
部長の最後の日に、少しだけ花を添えることが出来て、そしてその場にいられたことを、姐はようやく素直に嬉しく思えた。


○○部長、本当にお疲れ様でした、そしてありがとうございました。
私も一緒に仕事をさせてもらえて、嬉しかったです。

■ たまには、いじられ役・・・

姐はホントに可愛い部下達に囲まれて仕事をしてると思う。
もちろん一人一人見れば、多かれ少なかれ「これは・・・(>_<)」と思うような問題が無いこともないし、イライラさせられたり怒ったりすることもある。(そして、それが原因で悩むことも・・・)
でも、そんな時でも話してみれば、“悪気があって”ということは無い訳で、結局は時間と共に「頑張れよ~、待ってるぞ~」って自分の中では落ち着くことが多い。


そんな可愛い部下に姐がどう扱われているか・・・っていうと。

昨日、こんな事があった。


とあるメーカーの日本支社が、2ヶ月前から変わっていた自社の業務関連Webサイトの変更をメールで告知してきた。「ご存知とは思いますが・・・」っていう書き出しで。
この告知は姐のみが受信するので、担当している部下に転送。

転送メールの本文に一言「今更ジロー??」とだけ書いて。
そして、他部署へと席を立った。

5,10分ほどで戻ってくると、なにやら「今更ジロー」ネタで盛り上がってる。
間もなく社員か?のMが、「○○さーん、聞いてくださいよ。ジロー話!!」と笑いながら言ってくる。
聞いてみると・・・

転送されたCちゃん(2x才)とSちゃん(2x才)の会話。
それもコソコソ風・・・

S「今更ジローのジローって誰ですかね?」
C「うーん、何かのろまな人の事じゃない?あたし、聞いたことあるよ。」
S「あ~、なるほど!!」
C「多分さー、前、xx部にいたでしょ?ジローって人。仕事が遅いとか、そういうのだよ(納得)」
S「あぁ!!いましたねぇ!!!そっか、そっかー(納得)」

それを聞いた新しく入ってきたHさん(3x才)が言ったらしい。

H「え、歌だよね~?!あれ、知らない?」

C「あ・・・・聞いたことあるかも!?」
S「え・・・・全然わからない・・・・」

そして、M(3x才)が参入!

M「ルミ子だよ、ルミ子。何、知らないのぉ~????」

そして、CちゃんとSちゃんの説明を聞いて、大笑いしていたところに姐が戻ってきた。

M「○○さ~ん、通じてませんよ。しかも、コソコソ話してたらしい(笑)
 2人なりに気ぃ、使ってるんですよ(笑いつづける)」

姐「え~っっ!!!知らないのぉ~、♪今更ジロー、すっきだよジロー♪だよぉ??
 しかも、気とか使われちゃうって、痛くない?あたしぃ~・・・・(笑)
 あのさー、よくあれだよね、カラオケとかで部長が裕次郎とか歌っちゃって、
 どうするこれ?みたいな系????あいたたた・・・」

M「そう言えば、この前のアレ、覚えました??」

姐「あぁ、あれでしょぉ??・・・・・ロミオメロンッ!!!」

一同大爆笑・・・・

C「あいたたた・・・・」

姐「C!もう、あたし位になると覚える事沢山でそんなこと覚えてる暇ないんだってば~」

C「ですよね~♪わかってますぅぅぅ♪♪」

(ちなみに正解は、レミオロメン・・・・?かな??^^ゞ)


日々、こんなである。
姐も結構いじられ上手♪♪

も、もちろん、全て、計算済みさっ、もちろん!!!(汗)


そこにタイミング良く現れた営業アシスタントのUちゃん(3x才)。
その彼女の相談に対して回答しながら
姐「でも、これって“今更ジロー”って話でしょぉ?」とふってみると
U「ですよねぇ~、“好きだよジロー”ですよね~、ほんとに」・・・。

素晴らしい、100点。
思わず「Uちゃーーん」と言って抱きしめた姐と驚くUちゃん(笑)


可愛い部下達と可愛いジェネレーションギャップを感じながら、日々頑張るジャーマネの姐でした~(^^)

プロフィール

姐

  • Author:姐
  • もちろん前を向いて進んで行きたいけれど・・・時には立ち止まるし、振返る。どちらも本当の自分。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

姐ログ☆mini

  • 最近のコメント

    カテゴリー

    月別アーカイブ

    Thanx for visiting!!


    Since 2005.6


    リンク

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。